眞鍋淑郎プリンストン大学客員研究員・国立研究開発法人海洋研究開発機構フェローとのオンライン面会

令和3年10月8日
祝意を伝える岸田総理1 祝意を伝える岸田総理1
祝意を伝える岸田総理1
祝意を伝える岸田総理2 祝意を伝える岸田総理2
祝意を伝える岸田総理2
祝意を伝える岸田総理3 祝意を伝える岸田総理3
祝意を伝える岸田総理3

 令和3年10月8日、岸田総理は、総理大臣官邸でノーベル物理学賞の受賞が決定した眞鍋淑郎(まなべ しゅくろう)プリンストン大学客員研究員・国立研究開発法人海洋研究開発機構フェローとオンラインで面会し、祝意を伝えました。

 岸田総理は面会で次のように述べました。

「先生の地球温暖化を予測する物理モデルの研究は、この分野のパイオニアであると承知しておりますし、何よりも人類の持続的な発展に大きく貢献するものだとお伺いしております。本当に日本にとりましても大きな誇りでありますし、何よりも若い人たちにとりまして、先生の受賞、大きな励みになったと、心からお慶(よろこ)びを申し上げます。」

「先生が物理学の中でも気候の分野に関心を持たれたように、子供たちも、やはり幅広い関心を持てるような教育環境を作っていかなければいけないなと、お伺いしていて感じました。
 また、大学の研究においても、今10兆円の大学支援のファンドを作ろうと私は思っておりますが、若い人たちが自由に好奇心を持っていろんな幅広い研究ができる環境を作るということ、これは大事なことなのではないかなと、先生のお話しを聞いて感じました。」

「先生のノーベル物理学賞を受賞された研究が天気予報と密接に関係していたというお話、我々もより身近に感じました。是非こうした、地球温暖化に関する予測の分野をより発展させていただいて、例えば防災ですとか災害に対しても、大きな影響を与えるようなことにまでつなげていただければと思います。改めて、先生の研究が我々にとって、いかに身近で大切なものであるか、お話を聞いておりまして改めて感じたところでございます。」

「今日は、限られた時間の中で、濃密な御説明を頂きまして、改めて先生の御受賞の意味の大きさを感じさせていただきました。
 本当に心から感謝を申し上げると同時に、是非先生もますます健康に留意されまして、お元気で活躍され、また後進の指導に当たっていただければと思いますので、どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

総理の一日