国民の皆様へのメッセージ

令和3年12月29日
動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

 こんにちは。
 内閣総理大臣の岸田文雄です。
 2021年もあとわずかです。皆様が心穏やかに師走を迎えられていることを願っています。

 昨年に引き続き、今年も、コロナとの戦いにより、皆様には不自由な生活をお願いすることとなりました。

 医療従事者の皆様には、昼夜を問わず、大変なご尽力をいただきました。介護や教育、保育などの現場の皆様にも、感染拡大防止にご協力をいただきました。飲食、宿泊業、文化芸術、運輸業などの皆様には、大変なご負担をおかけしたことと思います。官庁や自治体の職員の皆さんも寝食を惜しんで務めてくれました。

 何より、国民の皆様には、ワクチン接種にご協力いただき、先進国で最も高いワクチン接種率を達成しました。さらに日々の感染対策にもご協力頂いていることで、我が国は、世界で感染が最も少ない国の一つになっています。皆さんのご協力に改めて感謝します。

 コロナ対応に明け暮れた1年ではありましたが、明るい未来への兆しもありました。
 夏の東京オリンピック、パラリンピックをはじめ、野球、テニス、ゴルフなど、日本の選手が世界の舞台で最高の活躍を見せてくれました。
 また、科学技術、文化芸能をはじめ、多くの分野で日本人が世界的な評価を受け、若い才能も開花しました。

 そんな明るい未来への兆しを確かなものにしていくために、この年末年始、国民の皆様にお願いです。

 現在、オミクロン株が世界的な感染拡大をもたらしています。我が国としては、万全の水際措置を取るとともに、国内での感染拡大という最悪の事態も想定しながら、3回目のワクチン接種の前倒し、無料のPCR検査の拡大、飲める治療薬の普及、そして医療提供体制の確保に万全を尽くしています。

 年末年始は、忘年会や新年会、帰省、旅行など、友達や家族との楽しみがたくさんあると思います。その際には、今一度、手洗い、マスクの着用、三密の回避など、基本的な感染防止対策を徹底していただきますよう、お願いします。

 そして、岸田政権は、来年も、国民の皆様の思いに応えられるよう、国民の声を聞く丁寧で寛容な政治を進めます。
 「国民の声を聞く」とは、多様な意見に丁寧に耳を傾け、より良い方法やアイディアがあれば、躊躇(ちゅうちょ)なく取り入れ、政策を常に見直し・改善していくことです。大切なことは、国民にとって何がベストかを徹底して追い求め続けることです。
 ともにより良い未来を築いていきましょう。
 それでは、皆さん、よい新年をお迎えください。