オミクロン株の動向を踏まえた年末年始における国民の皆様へのお願い等についての会見

令和3年12月24日
動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

 本日、東京においても、オミクロン株の市中感染が確認されたとの報告がありました。
 ですから、大阪、京都、そして沖縄に続いて、東京においても市中感染、報告された、こうしたことであります。
 オミクロン株の早期探知の徹底、そして濃厚接触者の宿泊施設での待機要請を柱とする封じ込め対策を実行していきます。
 さらに、感染地域での無料検査については、大阪に加え、京都、沖縄、東京でも、都府県内全域で、感染への不安のある方は誰でも、無料で検査を受けられるようにいたします。
 飲める治療薬についても、本日夜の専門家会合で可となれば、直ちに承認し、20万回分の配送を始め、来週から使えるようにいたします。
 年末年始は、帰省やクリスマス、忘年会、正月、新年会などのイベントで、普段会わない方との接触機会が増えます。
 国民の皆様に、改めて私からもお願いいたします。
 まずは、ここにパネルを用意いたしましたが、この一番上の部分、マスクの着用、手洗い、3密の回避などの基本的感染防止策の徹底、これを心掛けていただきたいと思います。
 風邪の症状などがある場合、少しでも具合の悪い場合には、外出を控え、医療機関での受診・検査、強くお勧めいたします。
 そして、この部分ですが、帰省や流行については、オミクロン株の動向を踏まえ、慎重に検討していただくようお願いいたします。
 私も、年末、地元である広島に帰る予定を立てておりましたが、取りやめることにいたしました。新型コロナとの闘い、これは国民皆で力を合わせて、乗り越えていかなければなりません。皆さん、お一人お一人の御協力を心からお願い申し上げる次第です。


(北京冬季オリンピック・パラリンピックに政府代表団を派遣しない方針とした理由について)

 御指摘のように、北京冬季オリンピック・パラリンピック競技大会については、我が国から山下JOC(日本オリンピック委員会)会長、そして橋本東京2020組織委員会会長がオリンピックに、また森JPC(日本パラリンピック委員会)会長がパラリンピックに出席することとなりました。
 我が国としましては、国際社会における普遍的な価値であります、自由、また基本的人権の尊重、法の支配、こうした普遍的価値について、中国においても保障されることが重要であると考えており、こうした我が国の立場について、様々なレベルを通じて中国側に直接働き掛けているところです。
 そして東京オリンピック・パラリンピック、この東京大会が示したように、オリンピック・パラリンピックは世界に勇気を与える平和・スポーツの祭典であり、こうしたことも強く感じています。
 御指摘の、北京大会への日本政府の対応については、これらの点も総合的に勘案し、適時、自ら判断を行ったということであります。
 ボイコット云々(うんぬん)の話がありましたが、日本政府として、日本からの出席の在り方について、特定の名称を用いることは考えていないということであります。
 こういった点につきまして、既に松野官房長官の方から明らかにさせていただいているということであります。

(中国における普遍的価値の保障の状況について)

 こうした中国の状況について様々な意見があり、少なくとも日本側はこうした考え方が大事であるということ、これを伝えさせていただいているということであります。日本の考え方を伝えているということであります。中国の評価云々(うんぬん)はいろいろな議論があります。

(厚生労働省による黒い雨の被害者救済案を広島県及び広島市が受け入れる方針を決めたとされることについて)

 御指摘の点については23日に4県市との協議が行われて、その場で厚生労働省より指針の骨子案、これを提示したと承知しています。それに基づいて、今現在、最終的な調整が行われていると承知しています。被爆者の方々が高齢化している、こうした現状を考えますときに、4県市との調整についてはスピード感を持って取り組んでいきたいと考えています。現状は今申し上げたとおりであります。

(厚生労働省による黒い雨の被害者救済案を広島県及び広島市が受け入れる方針を決めたとされることについて(再))

 今、最終調整中だと、私は承知しております。

(在日米軍の全ての部隊において米国出国時にコロナの検査をしていなかったことが明らかになったことについて)

 もうそれについては、林外務大臣の方から日本の考え方、米側に強く伝えて、改善を求めたところであります。それに対して米側はしっかり対応してもらいたいと思っています。引き続き、米側の対応、しっかり注視していきたいと考えています。

(日米同盟への影響について)

 日米の間にいろいろなやり取りが従来からもあります。是非、日米の間においてしっかり意思疎通を図って、この日米関係、あるべき姿に向けて努力を続けていきたいと考えております。


 先ほど、市中感染、東京で確認された、大阪、京都、沖縄に続いて、というふうに申し上げましたが、正確に言うと、市中感染は大阪、京都、そして今回の東京、沖縄は米軍基地周辺、という区別をしているようですので、正確を期して、付け加えさせていただきます。

関連リンク

総理の演説・記者会見など