本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年5月31日TICAD V1日目午前

  • エチオピア連邦民主共和国のハイレマリアム・デサレン首相と握手する安倍総理
  • セネガル共和国のマッキー・サル大統領と握手する安倍総理
  • リベリア共和国のエレン・ジョンソン・サーリーフ大統領と握手する安倍総理
  • ソマリア連邦共和国のハッサン・シェイク・モハムッド大統領と握手する安倍総理
エチオピア連邦民主共和国のハイレマリアム・デサレン首相と握手する安倍総理 セネガル共和国のマッキー・サル大統領と握手する安倍総理 リベリア共和国のエレン・ジョンソン・サーリーフ大統領と握手する安倍総理 ソマリア連邦共和国のハッサン・シェイク・モハムッド大統領と握手する安倍総理

 平成25年5月31日、安倍総理は、第5回アフリカ開発会議(TICAD V)に出席するため、横浜市を訪問しました。
 アフリカ開発会議は、アフリカの開発をテーマとする国際会議で、1993年以降、日本政府が主導し、国連、国連開発計画(UNDP)、アフリカ連合委員会(AUC)及び世界銀行と共同で、5年に1回の首脳級会合に加えて、閣僚級会合等を開催し、国際社会がアフリカ諸国とともに、アフリカ開発について幅広い議論を行っています。
 第5回アフリカ開発会議(TICAD V)では、「躍動のアフリカと手を携えて―質の高い成長を目指して―」を全体テーマに、「質の高い成長」を目指し、アフリカが抱える数々の開発課題について、「強固で持続可能な経済」、「包摂的で強靭な社会」、「平和と安定」という相互に支え合う3つのテーマに沿って、日本やアフリカ諸国、国際機関、ドナー諸国、民間セクター、市民社会が議論を行い、今後の支援策をまとめます。
 安倍総理は市内のホテルにおいて、初めにエチオピア連邦民主共和国のハイレマリアム・デサレン首相と、次にセネガル共和国のマッキー・サル大統領と、続いてリベリア共和国のエレン・ジョンソン・サーリーフ大統領と、最後にソマリア連邦共和国のハッサン・シェイク・モハムッド大統領とそれぞれ会談を行いました。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.