本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年4月4日児童養護施設「希望の家」視察

  • 養護施設の中高生と対話する安倍総理1
  • 養護施設の中高生と対話する安倍総理2
  • 手作りのメダルをプレゼントされる安倍総理
  • 低学年児童らと交流する安倍総理
養護施設の中高生と対話する安倍総理1 養護施設の中高生と対話する安倍総理2 手作りのメダルをプレゼントされる安倍総理 低学年児童らと交流する安倍総理

 平成26年4月4日、安倍総理は都内の児童養護施設「希望の家」を視察しました。

 都内の児童養護施設「希望の家」を訪れた安倍総理は、中高生と対話した後、施設内を見学し、低学年児童と交流をしました。

 安倍総理は、中高生との対話の中で次のように述べました。

「皆さん、こんにちは。
 それぞれ自分の将来の夢を話していただきましたけれど、こんなに緊張する雰囲気の中で、皆さん立派にそれをお話をされ、私も大変驚いています。特に中学生の2人は、もし私が中学生時代にこんな場所で、後ろからテレビも新聞社の皆さんもいてですね、こんな風にちゃんと自分の考えを述べられたのかなと思いますけども、それともう1つ驚いたことは、やはり皆さんがちゃんと将来の夢を持っているということなのですね。
 皆さんのように将来の希望に向かって頑張る人が、その夢に向かって進んでいくことができるような社会を作っていきたいと思いますし、先ほど、奨学金の話もありました。これからそうしたものを、さらに必要な人たちが、しっかりそうした奨学金を受けられるような日本にしていきたいと思っています。これからもどうか皆さんには、夢に向かって頑張ってもらいたいなあと思います。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.