本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年6月10日拉致問題に関する写真展

  • あいさつする安倍総理
  • 横田御夫妻の御案内により写真展を観覧する安倍総理1
  • 横田御夫妻の御案内により写真展を観覧する安倍総理2
  • 横田御夫妻の御案内により写真展を観覧する安倍総理3
あいさつする安倍総理 横田御夫妻の御案内により写真展を観覧する安倍総理1 横田御夫妻の御案内により写真展を観覧する安倍総理2 横田御夫妻の御案内により写真展を観覧する安倍総理3

 平成26年6月10日、安倍総理は、衆議院第一議員会館で開催された拉致問題に関する写真展「北朝鮮による国家犯罪・拉致~ある家族のアルバム」を横田御夫妻の御案内により観覧しました。

 総理は、あいさつの中で次のように述べました。

 「本日はたくさんの大使の皆様、そして、国会議員の皆様に横田めぐみさんの写真展にお越しをいただいたこと御礼を申し上げたいと思います。
 私が、小泉総理と共に訪朝してから12年が経過を致しました。12年経過をして、私があの2002年思い出すことは、小泉総理と共に金正日委員長とお目にかかった時のことではありません。
 そうではなくて、その後、10月に5人の被害者の方々が、帰国を果たされ羽田空港に降り立った時のことであります。
 青く澄み渡った空の下、5人の被害者の方々は御家族と再会され、そして抱き合って涙を流しておられました。
 その時、横田御夫妻も家族会の会長として、その場におられました。そして、家族会の会長として、その場を記録に留めようとカメラのシャッターを盛んに切っておられましたが、お二人の目からは涙が流れておられたわけでありまして、その場にめぐみさんがいないという現実、その悲しい現実と向き合っておられました。
 私はその時思いました。横田さん御夫妻、滋さん、早紀江さんにも、めぐみさんを御自身の手で抱きしめる日がやってくるように全力を尽くさなければいけない。その日がやってくるまで私の使命は、私達の使命は終わらない。そう固く心に誓いました。
 先程、御夫妻からお話があったように、御夫妻は大変困難な中で、そして辛い思いを乗り越えながら、めぐみさんを取り返すために、今日まで戦ってこられました。
 先般、モンゴルの御協力もいただきまして、ウランバートルでウンギョンちゃんとお二人は会われたわけでございますが、これは終着点ではなくてまさにスタートであると思っております。
 先般、北朝鮮は拉致被害者、拉致された疑いを排除できない全ての行方不明者の調査を約束をいたしました。
 めぐみさんをはじめ、全ての拉致被害者が帰国を果たせるよう、今後北朝鮮側と交渉し、北朝鮮側が誠意をもって対応してくれるように、強く促していきたいと思います。全力を果たして参ります。
 今日まで拉致問題に御協力をいただき、支持をしていただいた全ての国々の皆様に感謝申し上げ、この問題が解決できるように、全ての国々の皆様の御協力をお願いする次第であります。
 政府として今後、この問題、拉致問題解決のために全力を尽くしていくことをお誓い申し上げまして、総理大臣としての御挨拶とさせていただきたいと思います。
 ありがとうございました。Thank you very much.」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.