国家戦略特別区域諮問会議

平成27年3月3日
発言する安倍総理1 発言する安倍総理1
発言する安倍総理1
発言する安倍総理2 発言する安倍総理2
発言する安倍総理2

 平成27年3月3日、安倍総理は、総理大臣官邸で第12回国家戦略特別区域諮問会議を開催しました。

 会議では、規制改革事項の追加等について、議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

 「本日も、熱心な御議論をいただきましてありがとうございます。
 安倍政権の改革に終わりはありません。残念ながら前国会では、国家戦略特区改正法案が廃案になりましたが、今国会では、更に充実・強化した内容の法案を提出したいと思います。
 今回提出する法案は、地方創生の視点から、地元のニーズを十分踏まえたものにしていく考えであります。前回の法案にあった「公設民営学校の解禁」や「地域限定保育士の創設」などに加えて、「都市公園内の保育所の設置解禁」や「外国医師による診療範囲の拡充」などと共に、農林水産分野を始めとする改革の成果を盛り込んでいきたいと考えています。
 石破大臣と関係大臣で議論を深めていただき、この特区諮問会議で、法案をしっかり取りまとめていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日