経済財政諮問会議

平成27年3月11日
発言する安倍総理1 発言する安倍総理1
発言する安倍総理1
発言する安倍総理2 発言する安倍総理2
発言する安倍総理2

 平成27年3月11日、安倍総理は、総理大臣官邸で平成27年第3回経済財政諮問会議を開催しました。

 会議では、「3年目の経済好循環の拡大に向けて」及び「対日直接投資の動向」について議論されました。

 総理は、会議での議論を踏まえ、次のように述べました。

 「アベノミクスがスタートして、2年と3ヶ月を迎えようとしていますが、三本の矢の経済政策は、確実に成果を上げています。本日、民間議員に御提案をいただいたように、消費、グローバルな好循環を、より強固で大きなものとすべく、引き続き取り組んでいきたいと思います。
 公共サービス分野に民間のノウハウや資金を活用する『公共サービスの産業化』が、経済再生と財政健全化の両立、更には地方創生にとって重要との御提言をいただきました。諮問会議において、更に議論を進めていただきたいと思います。
 対日直接投資の拡大は、成長戦略の柱の一つであります。投資先としての日本の魅力の改善もあり、拡大しつつあります。 この流れを本格化するために、近く、私も出席する 『対日直接投資推進会議』を開催し、 政策パッケージを取りまとめたいと思います。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日