対日直接投資推進会議

平成27年3月17日
挨拶する安倍総理1 挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理2 挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理2

 平成27年3月17日、安倍総理は、総理大臣官邸で「対日直接投資推進会議」に出席しました。

 会議では、「外国企業の日本への誘致に向けた5つの約束」について議論されました。

 総理は、冒頭の挨拶で次のように述べました。

 「対日直接投資の推進は、アベノミクスの成長戦略の柱の一つであります。外国企業が新たなビジネスモデルや技術を日本に持ち込むことが、イノベーションを生み出す。日本を、内外の企業が活躍しやすい国にするため、法人税改革、岩盤規制改革、TPPを始めとした経済連携を強力に進めています。海外からの直接投資額は、昨年は、3倍に増加しました。
 本日、対日直接投資を加速するため、『外国企業の日本への誘致に向けた5つの約束』を決定します。
 IT技術も活用して、外国語で、百貨店、スーパー、コンビニでの買い物はもちろん、病院や電車・バスも安心して利用できるようにする。
 そして、日本の世界最高水準のブロードバンド環境を訪日外国人が簡単に利用できるようにするため、日本の通信キャリアとの契約なしに、街中で無料でLANを利用できるようにする。
 さらには、外国企業の地方立地を容易にするため、全自治体が投資促進に参加する体制を整えるとともに、全ての地方空港において、短期間の事前通知があれば、ビジネスジェットが着陸できるようにする。
 さらに、海外から大きな投資を実施した企業を対象に、副大臣を相談相手につける企業担当制を創設する。甘利経済財政政策担当大臣に取りまとめをお願いいたします。
 日本への投資促進に向けて、私自身が先頭に立って、取り組んでいきたいと思いますので、関係閣僚の皆様にも御協力よろしくお願い申し上げます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日