健康・医療戦略推進本部

平成27年3月25日
有識者の説明を聞く安倍総理 有識者の説明を聞く安倍総理
有識者の説明を聞く安倍総理
挨拶する安倍総理 挨拶する安倍総理
挨拶する安倍総理

 平成27年3月25日、安倍総理は、総理大臣官邸で第7回健康・医療戦略推進本部を開催しました。

 会議では、「国立研究開発法人日本医療研究開発機構の中長期目標」、「国立研究開発法人日本医療研究開発機構の運営」及び「医療分野の最近の研究開発動向」について議論されました。

 総理は会議での議論を踏まえ、次のように述べました。

 「『健康長寿社会の実現』は、安倍内閣の成長戦略の柱です。
 本日は、医療分野の研究開発について、第一線で御活躍されている2人の先生にお越しいただき、河岡先生からは、エボラウイルスを用いたワクチン開発等について、澤先生からは、細胞シートの利用等による心機能を改善させる治療法の開発について、最先端の研究内容の発表を伺いました。
 2人の先生には、引き続き、最新の医療技術の新たなフロンティアを先頭に立って切り開いていただくことを期待します。
 4月1日から、いよいよ日本医療研究開発機構が始動いたします。基礎から実用化まで切れ目ない研究支援を一体的に行います。
 末松先生におかれては、機構の初代理事長として如何なくリーダーシップを発揮し、革新的な医薬品や医療機器の創出、世界最先端の医療技術の実現につなげていただきたいと考えます。
 政府としても、再生医療製品の早期実用化に対応した制度創設など思い切った改革を進めることにより、本日御発表いただいたような成果を次々と上げられるよう、医療分野の研究開発を力強く推し進めてまいります。
 こうした分野の開発が進んでいくことによって、我々は、より健康で豊かな生活を送っていくことができる訳でございますし、また、言わば産業分野から見ても、成長戦略にも大いに資するものになると思いますので、政府一丸となって進めていきたいと思いますのでよろしくお願いを申し上げます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日