総理主催「桜を見る会」の開催

平成27年4月18日
招待客と写真撮影する安倍総理01 招待客と写真撮影する安倍総理01
招待客と写真撮影する安倍総理01
招待客と写真撮影する安倍総理02 招待客と写真撮影する安倍総理02
招待客と写真撮影する安倍総理02
招待客と写真撮影する安倍総理03 招待客と写真撮影する安倍総理03
招待客と写真撮影する安倍総理03
挨拶をする安倍総理01 挨拶をする安倍総理01
挨拶をする安倍総理01
挨拶をする安倍総理02 挨拶をする安倍総理02
挨拶をする安倍総理02
招待客に手を振る安倍総理 招待客に手を振る安倍総理
招待客に手を振る安倍総理

 平成27年4月18日、安倍総理は、東京都内の新宿御苑で桜を見る会を開催しました。文化・芸能、スポーツ界等の代表者などの招待客でにぎわいました。

 安倍総理は、招待客を前に次のように挨拶しました。

 「安倍政権の第一の使命は、経済を活性化させ、日本経済を更に成長させ、国民生活を豊かにさせていくことであります。その中において重視をしておりますのは、皆さんの収入が増えていく、賃金が上がっていくことでございます。一昨年は、桜を見る会の時と同じように、まだまだちらほらと桜が咲き始めた、そんな感じでございました。賃上げを決意した会社はまだ数えられるほどだった訳でございますが、桜前線が北上して全国に桜が咲いていくように、昨年は15年ぶりの賃上げを実現することができました。そして今年は、昨年を上回る状況になっております。
 この景気回復の暖かい風を、全国津々浦々にお届けしていくことが私達の使命であり、そのために地方創生を力強く進めていきたい。この国会はそういう国会にしていきたい。こう思っております。様々な改革に取り組んでいかなければなりません。『戦後以来の大改革』その改革を断行していく国会。そう位置づけているところでございます。予算は成立をいたしました。いよいよ、改革に私達はこの国会を通じて、取り組んでいく決意でございます。
 今日は本当に、暖かい、いいお天気になりました。世の中もこうありたい。こう思っています。周りを見渡しますと、本当に桜が咲き誇っていて、良寛の歌『世の中は桜の花になりにけり』この歌を思い起こさせるような、今日の日でございます。
 日本全体がこんな気分になるように、頑張っていきたいと思います。そして、今日のこの明るさを、にぎわいを、熱気を、皆さんと共に、全国にお届けをしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いを申し上げます。」

 この後、招待客と共に苑内を回り、握手や記念撮影などに応じました。

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

総理の一日