サイバーセキュリティ戦略本部

平成27年5月25日
挨拶する安倍総理1 挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理2 挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理2

 平成27年5月25日、安倍総理は、総理大臣官邸で開催されたサイバーセキュリティ戦略本部第2回会合に出席しました。

 会合では、「サイバーセキュリティ戦略(案)」、「サイバーセキュリティ対策を強化するための監査に係る基本方針」及び「重要インフラにおける情報セキュリティ確保に係る安全基準等策定指針等」について決定されました。続いて、「NISCと関係機関との協力」及び「政府のサイバーセキュリティに関する予算」について報告されました。

 総理は、締めくくりの挨拶で次のように述べました。

「サイバー空間における安全の確保、すなわち、サイバーセキュリティは、様々な分野でのITの利活用を進め、成長戦略を実現するために必要不可欠な基盤であるだけでなく、国家の安全保障・危機管理にとって極めて重要な課題であります。2020年オリンピック・パラリンピック東京大会を成功させるためにも、我が国のサイバーセキュリティに万全を期す必要があります。
 この度、各位の精力的な検討・御尽力により、新たな戦略案が取りまとめられました。改めて、感謝を申し上げたいと思います。
 本戦略案は、今後のサイバーセキュリティ政策の羅針盤となるものであります。あらゆるモノがインターネットに接続され、実空間とサイバー空間が高度に融合した社会、すなわち『連接融合情報社会』が到来しつつあるとの認識の下、セキュリティは『コスト』ではなく、安全な製品・サービスを創り、企業価値や国際競争力を高めるための『投資』である、という大胆な発想の転換を打ち出しました。
 また、我が国の安全保障を、戦略の大きな柱の一つに据えました。
 サイバー空間が『第5の安全保障空間』といわれる中、国境を越えた高度なサイバー攻撃を含め、あらゆる事案に適切に対処できるよう、我が国の能力をこれまで以上に強化していかなければなりません。
 今後は、この新たな戦略案を具体化し、目標を着実に達成していく必要があります。そのため、サイバーセキュリティ基本法に基づき設置されたこの戦略本部が司令塔となり、関係各位が緊密に連携し、省庁、官民の垣根を越えて、実効ある取組を着実に前に進めていくことをお願いさせていただきたいと思います。よろしくお願いします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日