東京都児童相談センター、地域子育て支援センター二葉視察

平成27年7月1日
利用者との意見交換1 利用者との意見交換1
利用者との意見交換1
相談援護課視察 相談援護課視察
相談援護課視察
相談担当職員との意見交換 相談担当職員との意見交換
相談担当職員との意見交換
利用者との意見交換2 利用者との意見交換2
利用者との意見交換2

  平成27年7月1日、安倍総理は、都内の東京都児童相談センター、地域子育て支援センター二葉を視察しました。

 総理は、視察後、次のように述べました。

「児童相談所の全国共通ダイヤル189(いちはやく)は、今日からスタートしました。これはいち早く皆さんに覚えていただいて、児童虐待については早期の対応が必要です。そのために、もしこれは虐待ではないかなと思ったら、ためらわずに電話していただきたいと思いますし、お子さんたちにもあるいは悩みを抱えている御両親にも気軽に電話をしていただきたいと思います。
 今日は、神戸や横浜、日本全国6つのタワーで児童虐待防止のシンボルカラーのオレンジのライトアップを行ってくれることになりました。また、東京タワーもオレンジのライトアップとともに189の数字を写し出していただくことになっています。
 全国の皆さんにこの番号を知っていただきたいと思います。そしてまた、児童虐待のための体制強化、そして緊急時の対応の充実のための政策パッケージを今年末までを目途に取りまとめる予定にしています。そして、夏までに方向性を決めたいと考えています。
 また、先ほど視察をさせていただきました支援センターが、親子交流の場をつくって悩みを解消する動きが広がっています。我々もしっかりと応援をしていきながら、子どもたちが健やかに成長できる環境をつくっていきたいと思います。
 何と言っても、子どもたちは、私たちの、そして国の宝です。健やかに成長できる。安心して子どもたちを産み育てることができる環境をつくっていきたいと思います。そのためにも、今回スタートした189を皆さんどうか覚えていただいて、虐待かもしれないと思ったらためらわずに電話していただきたいと思います。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日