日本・メコン地域諸国首脳会議・総理主催歓迎夕食会

平成27年7月3日
挨拶する安倍総理1 挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理2 挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理2

  平成27年7月3日、安倍総理は、総理大臣公邸で、第7回日本・メコン地域諸国首脳会議関係者を招き、総理主催歓迎夕食会を開催しました。
 
 総理は、冒頭の挨拶の中で、次のように述べました。

「メコン諸国の友人を東京にお迎えし、日・メコン首脳会議を開催できることを嬉しく思います。
 私は総理就任後、初の外国訪問先としてメコンの地を訪問しました。以来、メコン地域を訪れる度に豊かな大地と活気に溢れた経済、文化に魅了されています。
 力強く発展を遂げるメコン地域は今や有望な成長のパートナーであります。日本は、メコン地域の『質の高い成長』のために、官民挙げて協力していきます。
 政財界、文化界を含め、様々な関係者が日本とメコン地域の重層的な協力関係に尽力していただいております。この場をお借りいたしまして、改めて厚く御礼を申し上げます。
 仕事の話は、明日たっぷり意見交換させていただくとして、今晩は皆様にリラックスして夕食を楽しんでいただきたいと思います。
 日本では、今『なでしこジャパン』の快進撃が話題になっていますが、サッカーといえば、今回の首脳会議に合わせ、2020年東京オリンピック世代に当たるメコン各国からサッカー15歳以下の代表を招待し、同世代の日本代表と交流を深めてもらいました。彼らの中から東京オリンピックへ参加する選手が誕生することを楽しみにしています。
 日本のサッカーは、ショートパスを中心とした組織プレーが特徴であります。実は、これを日本に伝授したのは約100年前に日本に留学していたミャンマー人のチョウ・ディン氏であり、その後の日本のサッカーの基礎となりました。
 時代を経て、ベトナムでは実は現在、男女共に日本人が代表監督を務めています。そして、2018年W杯ロシア大会に向けた二次予選の日本の次の対戦相手はカンボジアであります。正々堂々と戦いたいと思います。
 明日の会議も、6人の首脳によるショートパスのやり取りと、そして組織プレーにより成功させたいと思います。
 明日の日・メコン首脳会議の成功と、今後の日本とメコン地域の明るい未来を祈念して、杯を挙げたいと思います。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日