日本・メコン地域諸国首脳会議出席等

平成27年7月4日
日本・メコン地域首脳写真撮影 日本・メコン地域首脳写真撮影
日本・メコン地域首脳写真撮影
第7回日本・メコン地域諸国首脳会議1 第7回日本・メコン地域諸国首脳会議1
第7回日本・メコン地域諸国首脳会議1
第7回日本・メコン地域諸国首脳会議2 第7回日本・メコン地域諸国首脳会議2
第7回日本・メコン地域諸国首脳会議2
共同記者発表に臨む日本・メコン地域首脳 共同記者発表に臨む日本・メコン地域首脳
共同記者発表に臨む日本・メコン地域首脳
共同記者発表に臨む安倍総理 共同記者発表に臨む安倍総理
共同記者発表に臨む安倍総理
サッカーチーム記念品贈呈式 サッカーチーム記念品贈呈式
サッカーチーム記念品贈呈式

 平成27年7月4日、安倍総理は、都内で開催された第7回日本・メコン地域諸国首脳会議等に出席しました。

 総理は、各国首脳を出迎えた後、集合写真撮影に臨みました。

 その後、第7回日本・メコン地域諸国首脳会議に出席するとともに、各国首脳と共同記者発表を行いました。

 また、日本・メコン地域各国サッカーチームに記念品を贈呈しました。

 総理は、首脳会議の冒頭で、次のように述べました。

「本日、皆様をお迎えし、第7回日・メコン首脳会議を開催することができて、大変嬉しく思います。
 陸上・海上輸送の要衝にあたるメコン地域の平和と安定は日本にとり、極めて重要であります。また、力強い経済成長を遂げつつあるメコン地域は将来性豊かな成長のパートナーであります。
 『ASEAN共同体』発足を目前に控え、『東京戦略2012』の成果を総括し、メコン地域の『質の高い成長』に向けた新戦略策定のため、率直に議論したいと思います。
 日・メコン協力は、この3年間、『東京戦略2012』に基づき①連結性強化②共に発展する③人間の安全保障と持続可能性の確保を、三本柱として、着実に成果を挙げてきました。
 3年前に表明した3年間で約6000億円のODA支援は既に達成しました。これは日本の強い決意の表れであります。
 この間、第一の柱である連結性強化の面では、カンボジアのつばさ橋、ラオスの国道9号線やビエンチャン国際空港、ミャンマーのティラワ地区開発、タイの鉄道、ベトナムのノイバイ空港など、日本は各国において『質の高いインフラ』整備を支援しています。
 第二の柱に関しては、地域の発展に向け、日本企業進出数は、カンボジア、ラオス、ミャンマーで3年で約2倍増加し、査証緩和措置を通じASEANの訪日者数も昨年過去最高を記録しました。積極的な文化・人的交流や日本語学習支援にも努めてまいりました。
 第三の柱である人間の安全保障の確保に向けては、昨年末の第3回グリーン・メコン・フォーラムで、都市環境の改善や災害対処に関し有益な議論を行うことができました。
 第3回国連防災世界会議で合意された『仙台宣言』や『仙台防災枠組』を着実にフォローアップしてまいります。
 日・メコン協力の進展には地域の安定が重要です。民主化、民政復帰に向けた努力、国民和解、法の支配、人権等にかかる諸国の取組を歓迎します。
 5月にタイ政府主催のインド洋での非正規移民に関する会合等の、人道問題への地域のイニシアティブも評価します。先月、日本は350万ドルの追加的支援を発表しました。
 戦後70年、日本は、平和国家としてアジアの平和と繁栄に全力を尽くしてまいりました。アジア各地の平和構築と民主化に向けた動きに貢献をしていきます。この歩みを基礎に、国際協調主義に基づく『積極的平和主義』を掲げています。
 先月東京でアジアの平和構築に関するハイレベル・セミナーを初めて開催しました。メコン地域からの貢献に感謝いたします。
 『東京戦略2012』は良好な成果をもたらしました。そして日・メコンの取組は、更に高次元に進めていく段階に入りました。
 最後に、今般、御都合のつく首脳は地方を訪問していただく予定であると承知しています。多様な文化・歴史・自然のあふれる日本の地方の魅力に触れていただき、今後の地方交流や、そして民間交流の一助としたいと思います。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日