水循環政策本部

平成27年7月10日
挨拶する安倍総理1 挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理2 挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理2

 平成27年7月10日、安倍総理は、総理大臣官邸で第2回水循環政策本部を開催しました。

 会議では、「水循環基本計画の案」、「今後の取組」及び「『水の日』関連行事」について議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「いにしえより、我が国は水の『恵み』を十分に受けながら、生活を営んでまいりました。
 一方で、特に近年、豪雨による土砂災害が発生し、また、逆に渇水で取水制限を行う地域が出るなど、水の『災い』を受けることも多い状況でございます。
 そうした事態に備えるため、流域の関係者が一体となって、
 (1) 植林や間伐などにより、森林をしっかりと管理し、水を貯える機能を高める
 (2) 渇水時の水の融通などについて、普段から対策を講じておく
など、『災い』に対する備えを万全にする必要があります。
 これらの対策を網羅的に取りまとめ、本日、『水循環基本計画』を閣議決定します。
 国と地方、官と民が連携しながら、取組を着実に進めてまいりますので、関係閣僚の御協力をお願いします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日