第30回全日本私立幼稚園PTA連合会全国大会

平成27年7月13日
祝辞を述べる安倍総理1 祝辞を述べる安倍総理1
祝辞を述べる安倍総理1
祝辞を述べる安倍総理2 祝辞を述べる安倍総理2
祝辞を述べる安倍総理2

 平成27年7月13日、安倍総理は、都内で開催された第30回全日本私立幼稚園PTA連合会全国大会に出席しました。

 総理は、祝辞の中で次のように述べました。
 
 「第30回全日本私立幼稚園PTA連合会全国大会の開催に当たり、一言御挨拶を申しあげます。
 私立幼稚園PTAの皆様におかれましては、毎日お忙しい中、PTA活動に熱心に参加され、お子さん方の健やかな育ちのため、幼稚園と共に力を尽くされておられますことに深く敬意を表したいと思います。
 今日も全国からたくさんの皆様が御来会をいただき、この会場に参加をしていただき、本当に熱気が伝わってくるような気がしております。
 将来を担う子供たちは、日本の宝であります。全ての子供たちが未来に希望を持ち、夢を実現する意思を持って自分たちの道を歩んでいく手助けをしていくことこそが、教育の役割であり、特に、幼児期の教育は生涯にわたる人格形成の基礎を培う大切なものであると考えます。
 家庭の経済状態に左右されることなく、全ての子供たちに質の高い幼児教育を保障できるよう、幼児教育の段階的な無償化へ向けた取組。段階的にしっかりとお約束を果たしていきたい、そう思っております。
 幼児教育の振興について、政府与党一体となって取り組んでまいります。
 また、本年4月から、『子ども・子育て支援新制度』が開始されました。この新制度は、幼児期の学校教育、保育の質の向上を始め、預かり保育や子育て相談などの、地域の子供子育て支援を総合的に推進するものであります。こうした新制度の取組を進め、幼児期の子供一人一人の健やかな成長をしっかりと支援してまいります。
 言うまでもなく、子育てとは、子供に限りない愛情を注ぎ、その存在に感謝し、日々成長する子供の姿に感動して、親も親として成長していくという大きな喜びや生きがいをもたらすものでもあります。
 子育ての喜びや生きがいは、家庭や地域、社会の人々との交流や支え合いがあってこそ実感できるものであり、日頃の皆様の御尽力に改めて感謝申し上げたいと思います。
 今後とも、PTA活動のリーダーとして、引き続きお力添えをいただけますよう、お願い申し上げます。
 結びに、本日の大会が実り多いものとなりますとともに、全日本私立幼稚園PTA連合会の益々の御発展と、御参集の皆様の御健勝を祈念し、開催に寄せる言葉とさせていただきたいと思います。本日は御盛会おめでとうございました。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

総理の一日