TPPに関する主要閣僚会議

平成27年7月24日
発言する安倍総理1 発言する安倍総理1
発言する安倍総理1
発言する安倍総理2 発言する安倍総理2
発言する安倍総理2

 平成27年7月24日、安倍総理は、総理大臣官邸で第14回TPP(環太平洋パートナーシップ)に関する主要閣僚会議に出席しました。

 会議では、ハワイでのTPP閣僚会合に向けて議論が行われました。

 総理は、冒頭の発言で次のように述べました。

「7月28日からハワイでTPP閣僚会合が開催されます。私は、2年前に『国益にかなう最善の道を追求』すると国民の皆様にお約束した上で、TPP交渉への参加を決断いたしました。それ以来、我が国は国益をかけた厳しい交渉を積み重ねてきました。
 今回の閣僚会合は、TPP交渉の妥結を実現するための最終局面の会合です。ゴールテープに手が届くところまできましたが、交渉は最後が一番難しいわけです。
 TPPは、21世紀のアジア太平洋地域にフェアでダイナミックな『一つの経済圏』を構築する挑戦的な試みです。この地域の成長を取り込み、アベノミクスの『成長戦略の核』となるものです。
 甘利大臣を始め交渉チームには、全力で交渉にあたり、困難を乗り越え、国益を最大限に実現する成果を挙げてもらいたいと思います。関係閣僚の皆様にも全面的な支援をお願い申し上げます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日