たまごサミット2015イン東京

平成27年7月31日
挨拶する安倍総理 挨拶する安倍総理
挨拶する安倍総理

 平成27年7月31日、安倍総理は、都内で開催された「たまごサミット2015イン東京」に出席しました。

 総理は、挨拶の中で次のように述べました。

「日本、そして各国を代表する鶏卵業界の皆様、たまごサミットの開催を心よりお祝い申し上げます。
 『卵が先か、鶏が先か』。この有名な哲学的問いかけに関して、少なくともサミットについては、来年日本が議長国を務めるG7伊勢志摩サミットよりも、たまごサミットが先に開催されることになりました。
 和食がユネスコの無形文化遺産に登録され、ミラノ万博でも和食が注目される中、日本の食材には世界の熱い視線が集まっています。
 海外には卵を生で食べる習慣はありませんが、日本におきましては、すき焼きやご飯に生の卵をかけて食べる、独自の卵のおいしい食べ方がたくさんあります。日本の鶏卵は生でも食べられることが可能となるように、生産されています。
 また近年、鳥インフルエンザの発生は、渡り鳥により、国境を越える猛威を奮っています。こうした伝染病の疾病を未然に防ぎ、蔓延を防止することが今後ますます重要になってきます。
 このような中で、日本の高い衛生管理技術や疾病対策情報を共有することは、アジアの食品衛生分野の発展、栄養改善に貢献する非常に意義のあることであると考えます。
 また、企業の海外展開を通じて、日本経済のみならず、世界経済の成長と発展にも貢献するというアベノミクスの促進にもつながるものです。今回のたまごサミットを契機として、アジアを始め、世界における鶏卵の安全・安心の確保と、関連業界の発展につながることへの期待を申し上げまして、私の御挨拶とさせていただきたいと思います。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

総理の一日