台風第18号等による被害状況視察のための茨城県及び栃木県訪問

平成27年9月12日
避難住民を激励する安倍総理 避難住民を激励する安倍総理
避難住民を激励する安倍総理
被災現場を視察する安倍総理1 被災現場を視察する安倍総理1
被災現場を視察する安倍総理1
被災現場を視察する安倍総理2 被災現場を視察する安倍総理2
被災現場を視察する安倍総理2
茨城県庁で被害状況の報告を受ける安倍総理1 茨城県庁で被害状況の報告を受ける安倍総理1
茨城県庁で被害状況の報告を受ける安倍総理1
茨城県庁で被害状況の報告を受ける安倍総理2 茨城県庁で被害状況の報告を受ける安倍総理2
茨城県庁で被害状況の報告を受ける安倍総理2
栃木県庁で被害状況の報告を受ける安倍総理 栃木県庁で被害状況の報告を受ける安倍総理
栃木県庁で被害状況の報告を受ける安倍総理

 平成27年9月12日、安倍総理は、台風第18号等による被害状況を視察するため、茨城県及び栃木県を訪問しました。

 総理は、始めに鬼怒川周辺の被災現場を視察した後、避難所となっている石下総合運動場体育館を訪れ、避難されている住民の方々を激励しました。
 次に、茨城県庁を訪問し、茨城県の橋本昌知事から被害状況等の説明を受けた後、意見交換を行いました。
 続いて、ヘリコプターで、被災状況を上空から視察した後、栃木県庁を訪問し、栃木県の福田富一知事から被害状況等の説明を受けた後、意見交換を行いました。

 総理は、被災地を視察した際に次のように述べました。

「本日、被災地を視察いたしました。河川の氾濫等、被災地の惨状を目の当たりにいたしまして、被害の甚大さを改めて認識をいたしました。
 今回の台風による大雨被害によって、宮城県、栃木県においては、お亡くなりになられた方々がおられます。お亡くなりになられた方々に対しまして、改めて衷心より御冥福をお祈りをしたいと思いますとともに、各地域で被災された方々に心からお見舞いを申し上げたいと思います。
 また、いまだにたくさんの方たちと連絡が取れなくなっています。御家族の皆様の御心配は、いかばかりかと思います。警察、消防、自衛隊、海上保安庁等、全てのできる限りの勢力を最大限投入をいたしまして、捜索救助活動に万全を、全力を投入していきたいと思います。
 また、先程、被災者の方々とお目にかかりました。皆さんも大変、お疲れの御様子でした。市を始め、県、自治体と協力をしながら、生活物資をしっかりと確保し、医療を提供し、また、住宅環境を確保していく覚悟であります。それに万全を期していきたいと思います。それと同時に、一日も早く排水を行っていく。そしてまた、決壊した堤防の早急な復旧に全力を投入することによって、再び、災害が起こることのないように、万全を期していきたいと思います。
 そしてまた、多くの方々が将来の不安を持っておられますので、生活の再建に向けた支援策に全力で取り組んでいく考えでございます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日