トランプ米国大統領との電話会談についての会見

平成29年4月24日
会見する安倍総理 会見する安倍総理
会見する安倍総理

 平成29年4月24日、安倍総理は、総理大臣官邸で会見を行いました。

 総理は、アメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領との電話会談について次のように述べました。

「先ほど電話で日米首脳会談を行い、トランプ大統領と北朝鮮情勢について突っ込んだ意見交換を行いました。
 私からは、全ての選択肢がテーブルの上にあることを、言葉と行動で示すトランプ大統領の姿勢を高く評価しました。
 その上で、いまだに危険な挑発行動を繰り返す北朝鮮に、強く自制を求めていくことで完全に一致いたしました。
 北朝鮮の核・ミサイルの問題は国際社会にとどまらず、我が国にとって極めて重大な安全保障上の脅威であります。
 昨日からカールビンソン空母打撃群と海上自衛隊の共同訓練が始まりましたが、引き続き米国と緊密に連携し、高度な警戒監視体制を維持し、そして我が国として毅然として対応してまいります。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日