本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成29年5月27日マルタ訪問

  • 写真:ムスカット・マルタ首相と握手する安倍総理
  • 写真:マルタ共和国に到着した安倍総理
  • 写真:旧日本海軍戦没者墓地での安倍総理1
  • 写真:旧日本海軍戦没者墓地での安倍総理2
  • 写真:旧日本海軍戦没者墓地での安倍総理3
  • 写真:歓迎式典1
  • 写真:歓迎式典2
  • 写真:歓迎式典3
  • 写真:日・マルタ首脳会談
  • 写真:共同記者発表1
  • 写真:共同記者発表2
ムスカット・マルタ首相と握手する安倍総理の写真を表示 マルタ共和国に到着した安倍総理の写真を表示 旧日本海軍戦没者墓地での安倍総理1の写真を表示 旧日本海軍戦没者墓地での安倍総理2の写真を表示 旧日本海軍戦没者墓地での安倍総理3の写真を表示 歓迎式典1の写真を表示 歓迎式典2の写真を表示 歓迎式典3の写真を表示 日・マルタ首脳会談の写真を表示 共同記者発表1の写真を表示 共同記者発表2の写真を表示

 平成29年5月27日(現地時間)、安倍総理は、マルタ共和国のバレッタを訪問しました。

 総理は、旧日本海軍戦没者墓地で献花しました。その後、歓迎行事に出席し、ジョゼフ・ムスカット首相と会談及び共同記者発表を行いました。

 総理は、共同記者発表で次のように述べました。

「本日、日本の総理大臣として初めてマルタを訪問することができ、うれしく思います。マルタの皆様のおもてなしに感謝します。
 まず、ムスカット首相との会談に先立ちまして、旧日本海軍戦没者墓地を訪問しました。そこで日本海軍が、1917年に日英同盟の下、マルタを拠点に地中海で活動した際の71名の戦没者の方を慰霊しました。同墓地には1921年に当時皇太子だった昭和天皇も訪れ、戦没者を慰霊されています。100年前の地中海において、私たちの先人は、病院船を守り、沈没寸前の客船から多くの看護師を助けるなどして、大いなる尊敬を英国を始めとする各国から勝ち得ました。私は、当時の先人の活躍に思いをはせつつ、現代において、国際協調主義に基づく積極的平和主義の下、国際社会の平和と安定に一層貢献していく、その決意を新たにいたしました。本日のムスカット首相との会談では、こうした私の決意を説明しつつ、国際社会の課題につき率直で有意義な意見交換を行いました。
 現在マルタがEU議長国として活躍されていることも踏まえ、欧州情勢につき議論を行い、強い欧州を維持し欧州統合を着実に力強く推進していくことの重要性で一致しました。自由貿易の旗を高く掲げ続けるべく、日EU・EPAのできる限り早期の大枠合意を実現するため協力していくことでムスカット首相と一致いたしました。また、ムスカット首相がおっしゃったように、EUにおいては、日EU・EPAを最優先課題としているという心強いお言葉も頂きました。大変重要な成果であったと思います。
 また、日本とマルタは、共に法の支配を重視する海洋国家です。現在、国際社会は、北朝鮮の核・ミサイル開発や東シナ海及び南シナ海情勢を始め、法の支配に基づく国際秩序に対する深刻な挑戦に直面しています。こうした中、法の支配の徹底に向けて緊密に連携していくことでムスカット首相と一致したことは、大変喜ばしいと思っております。
 紺碧の空と海、そして様々な民族と文化が交錯して紡がれた悠久の歴史を擁するマルタは、近年、観光や語学留学先として、ますます多くの日本人を魅了しています。暖かい気候、そしてマリンスポーツ、世界文化遺産であるバレッタの城壁都市など、マルタの魅力は枚挙にいとまがありません。もう一つ忘れてはならないのはマグロであります。この後、マグロを我々賞味できるのではないかと楽しみにしておりますが、マルタは、日本の養殖マグロの輸入元として世界第2位であり、そのマグロは多くの日本人に愛されています。
 今後もこうした両国間の文化・人的交流を促進しつつ、ムスカット首相と手を携えて、両国間の関係を一層発展させていきたいと思います。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.