本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成29年5月31日国と地方の協議の場

  • 写真:発言する安倍総理1
  • 写真:発言する安倍総理2
  • 写真:発言する安倍総理3
発言する安倍総理1の写真を表示 発言する安倍総理2の写真を表示 発言する安倍総理3の写真を表示

 平成29年5月31日、安倍総理は、総理大臣官邸で平成29年度第1回国と地方の協議の場に出席しました。

 会議では、「骨太の方針の策定」及び「地方創生及び地方分権改革の推進」等について協議が行われました。

 総理は、冒頭の挨拶で、次のように述べました。

「今回は、本年度第1回目の国と地方の協議の場であります。地方に関わる重要な政策課題については、この場を活用し皆様の声をよく伺いながら進めていくことが大切であると考えています。
 安倍内閣においては、子育て支援や介護の拡充、働き方改革など、重要な政策課題に取り組み、一億総活躍社会の実現を進めてまいりました。
 国と地方が一体となって成長と分配の好循環を加速させるためには、人材への投資による生産性向上が重要であり、これを成長戦略の中心に据え、骨太の方針の策定に向けて取り組んでいます。
 地方創生については、戦略の中間年に当たり新展開を図るため、東京一極集中の是正に向けてしっかりと取り組むとともに、地方公共団体の意欲的な取組に対して、情報面、人材面、財政面から引き続き積極的に支援してまいります。
 また、地方分権改革についても、引き続き、地方の発意による、地方のための分権改革を着実に推進してまいります。
 本日も、これらのテーマについて地方の率直な意見を頂き、それらを踏まえて政策に反映させていきたいと考えていますので、どうぞよろしくお願いいたします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.