本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成29年7月18日経済財政諮問会議

  • 写真:発言する安倍総理1
  • 写真:発言する安倍総理2
発言する安倍総理1の写真を表示 発言する安倍総理2の写真を表示

 平成29年7月18日、安倍総理は、総理大臣官邸で平成29年第12回経済財政諮問会議を開催しました。

 会議では、「中長期の経済財政に関する試算」及び「平成30年度予算の全体像及び平成30年度予算の概算要求基準」について議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「本日は、中長期の経済財政の試算や平成30年度予算の在り方について、議論を行いました。
 財政健全化のためには、歳出改革の着実な推進とともに、持続的な経済成長が不可欠であることが確認されました。
 また、経済成長を持続するためには、潜在成長力の引上げが課題であり、働き方改革や人材投資・生産性向上を通じたサプライサイドの改革が最重要課題であります。
 平成30年度予算編成においては、本日取りまとめていただいた平成30年度予算の全体像を踏まえ、無駄な予算を排除するとともに、人材投資や生産性向上など真に必要な施策に予算が重点配分されるよう、メリハリのついた予算編成を進めていきたいと思います。麻生大臣、石原大臣及び関係大臣の御協力をお願いします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.