本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成29年7月18日大人と子供が向き合い休み方改革を進めるための「キッズウィーク」総合推進会議

  • 写真:発言する安倍総理1
  • 写真:発言する安倍総理2
発言する安倍総理1の写真を表示 発言する安倍総理2の写真を表示

 平成29年7月18日、安倍総理は、総理大臣官邸で第1回「大人と子供が向き合い休み方改革を進めるための『キッズウィーク』総合推進会議」に出席しました。

 会議では、キッズウィークについて議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「本日は、お忙しい中、第1回大人と子供が向き合い休み方改革を進めるための『キッズウィーク』総合推進会議に御出席いただきまして誠にありがとうございます。厚く御礼を申し上げます。
 子供たちが家族や仲間とともに休日を過ごし、地域の行事に参加することなどを通じ、絆を深める。子供たちの豊かな心や人間性を育むために重要なことであり、自己肯定感を高める上でも有用だと考えられます。
 このため、大人と子供が向き合う時間を確保することを目指し、来年度から、地域ごとの実情に応じて学校休業日の分散化を図る取組を進めます。キッズウィークの実現です。
 例えば、夏休みや冬休みなどの一部を他の時期に移し、その地域だけのまとまった連休をつくり出す。どこもかしこも交通渋滞というような連休ではなく、家族などでゆっくり過ごすことができる連休です。
 フランスでは、全国を3つの地域に分け、学校休業日を分散して設定しています。日本でも、例えば、渋谷区などにおいては、二学期制を活用し秋休みを設けています。
 このキッズウィークの定着のためには、学校側の努力だけでなく、企業においても、有給休暇の取得が促進される必要があります。キッズウィークは働き方改革と表裏一体の、いわば休み方改革の推進でもあります。これを契機に、子供がおられる方も、おられない方も、有給休暇を取りやすい機運が醸成されればと考えています。さらに、地域振興や経済の活性化、雇用の拡大、観光需要の平準化など、様々な効果も期待できます。正に人を育てる、社会を変える、そんな新たなチャレンジであり、本推進会議はそのエンジンとなるものであります。
 今後、地域の実情に応じた取組にするために、地域ごとに協議会を設置し検討を進めてもらいたいと思います。政府としても、必要な政令改正を行うなど、一丸となってこのキッズウィークがしっかりと定着するよう、取り組んでまいります。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.