本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成29年12月1日経済財政諮問会議

  • 写真:発言する安倍総理1
  • 写真:発言する安倍総理2
発言する安倍総理1の写真を表示 発言する安倍総理2の写真を表示

 平成29年12月1日、安倍総理は、総理大臣官邸で平成29年第16回経済財政諮問会議を開催しました。

 会議では、平成30年度予算編成の基本方針の策定方針及び経済・財政一体改革について議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「第一に、平成30年度予算編成の基本方針の策定方針について答申を頂きました。来年度予算編成に向けては、財政健全化への着実な取組を進める一方、人づくり革命や生産性革命など重要な政策課題について、必要な予算措置を講じるなど、めりはりの利いた予算編成を目指します。茂木大臣、麻生大臣を始めとして関係大臣におかれては、しっかりと対応していただきたいと思います。
 第二に、社会保障改革について議論し、薬価制度を革新的新薬の創出を促進する仕組みに見直す、遠隔診療を推進する、医療・介護・保育分野での人材確保策を強化するといった方向性が示されました。加藤大臣におかれては、本日の議論を踏まえ、着実に実行していただきたいと思います。
 また、地方行財政改革については、窓口業務の更なる効率化を進める、第三セクターの経営改革を強化する、公共施設の有効活用と老朽化対策を推進するといった方向性が示されました。野田大臣におかれては、本日の議論を踏まえ、着実に実行していただきたいと思います。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.