本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成29年12月14日国と地方の協議の場

  • 写真:挨拶する安倍総理1
  • 写真:挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理1の写真を表示 挨拶する安倍総理2の写真を表示

 平成29年12月14日、安倍総理は、総理大臣官邸で平成29年度第3回国と地方の協議の場に出席しました。

 会議では、平成30年度予算編成及び地方財政対策について協議が行われました。

 総理は、冒頭の挨拶で次のように述べました。

「本日は、本年度3回目の国と地方の協議の場であります。平成30年度の予算編成と地方財政対策を、取り分け我が国にとって最大の壁である少子化への対策を中心に御議論いただきます。
 先般、生産性革命と人づくり革命を車の両輪として、少子高齢化の壁に立ち向かうため、新しい経済政策パッケージを閣議決定いたしました。
 2020年までの3年間、人材、設備への投資を大胆に促し、生産性を飛躍的に押し上げていく。そしてまた、2020年を目指して子供たちの未来に予算を振り向け、社会保障制度を全世代型へと大きく転換していく。
 平成30年度予算編成では、この財政健全化に着実に取り組む一方、この基本的な考え方に沿ってめりはりの利いた予算編成を行ってまいります。
 地方の活力なくして、日本の活力なし、という基本姿勢の下、地方公共団体と力を合わせて、少子高齢化の壁を乗り越えて地方の優れた人材や知恵を最大限にいかし、我が国の未来を拓いていきたいと思います。
 また、地方の皆様が成長と分配の好循環をより実感できるよう、地方創生に向けた挑戦を情報面、人材面、財政面から積極的に支援し、地方の取組を加速させていきます。
 引き続き、安倍内閣は地方の声に徹底して耳を傾けるという姿勢で、本日の御意見をしっかりと受け止め、政策を進めてまいりたいと思います。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.