本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成30年2月2日トランプ米国大統領との電話会談についての会見

  • 写真:会見する安倍総理
会見する安倍総理の写真を表示

 平成30年2月2日、安倍総理は、総理大臣公邸で会見を行いました。

 総理は、アメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領との電話会談について、次のように述べました。

「久々にトランプ大統領と約1時間電話会談を行い、いつものように胸襟を開いて率直な意見交換を行いました。
 まず、沖縄の米軍について、連続して発生した米軍のヘリの事故について、厳格な安全確保について強く要請いたしました。
 そして、北朝鮮情勢については、トランプ大統領が先の一般教書演説において、大変相当な時間を掛けて、この北朝鮮情勢について圧力を最大限まで高めていくことの必要性について述べたことを評価いたしました。
 そして、私が今後平昌(ピョンチャン)オリンピックの開会式に事情が許せば出席し、その際、日韓の首脳会談を行うということについてお話しいたしました。また、ペンス副大統領も開会式に行く予定でありますので、その際、韓国とも緊密な連携について申し入れていく。北朝鮮に対してしっかりと制裁を各国と共に履行していく必要性について話してくることについて、合意したところでございます。
 そして、日米韓でしっかりと連携し、そして、圧力をかけ北朝鮮の側から話合いを求めてくるという、この私たちの認識、方針をこれからも進めていかなければならないということで一致したところであります。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.