本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成30年2月9日韓国訪問-1日目-

  • 写真:文韓国大統領と握手する安倍総理1
  • 写真:韓国に到着した安倍総理
  • 写真:歓迎を受ける安倍総理
  • 写真:文韓国大統領と握手する安倍総理2
  • 写真:日韓首脳会談1
  • 写真:日韓首脳会談2
  • 写真:会見する安倍総理
  • 写真:日米韓フォトセッション1
  • 写真:日米韓フォトセッション2
  • 写真:日米韓フォトセッション3
文韓国大統領と握手する安倍総理1の写真を表示 韓国に到着した安倍総理の写真を表示 歓迎を受ける安倍総理の写真を表示 文韓国大統領と握手する安倍総理2の写真を表示 日韓首脳会談1の写真を表示 日韓首脳会談2の写真を表示 会見する安倍総理の写真を表示 日米韓フォトセッション1の写真を表示 日米韓フォトセッション2の写真を表示 日米韓フォトセッション3の写真を表示

 平成30年2月9日(現地時間)、安倍総理は、大韓民国の龍平(ヨンピョン)及び平昌(ピョンチャン)を訪問しました。

 総理は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談を行いました。続いて、文大統領主催レセプションに出席した後、日米韓フォトセッションに臨みました。
 最後に、平昌オリンピックスタジアムで開催された第23回オリンピック冬季競技大会開会式に出席しました。

 日韓首脳会談を行った後、総理は次のように述べました。

「まず、冒頭私から文在寅大統領に対して、日韓合意について日本の立場について明確にかつ詳細にお伝えしました。日韓合意は、最終的かつ不可逆的に解決したとの合意であり、そして国と国との約束は二国間関係の基盤であります。そして、私と文在寅大統領で未来志向の日韓関係をつくり上げていかなければならない、その認識を共有いたしました。
 今日からいよいよオリンピックが始まります。アジアで開催されるこのオリンピックの成功に日本としても最大限協力していきたいと考えています。
 他方、この瞬間も北朝鮮は、核・ミサイル計画を執拗(しつよう)に追求し、そして開発を続けています。この現実を国際社会は直視しなければなりません。対話のための対話には意味がありません。そのことをはっきりと文在寅大統領に申し上げました。北朝鮮にその政策を変更させ、北朝鮮の側から対話を求めてくるよう、国連安保理の制裁決議を全ての加盟国が遵守し、圧力を最大限まで高めていく必要があります。この日米で完全に一致した確固たる方針を文在寅大統領と改めて確認いたしました。日韓米3か国の強固な協力関係は、決して揺らぐことはありません。そのことを北朝鮮はしっかりと認識しなければなりません。北朝鮮には、拉致問題、核・ミサイル問題の解決に向けて具体的な行動を取るよう、引き続き日韓米の緊密な連携の下に、強く働きかけていきたいと思います。以上です。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.