自治体消防制度70周年記念式典

平成30年3月7日
祝辞を述べる安倍総理 祝辞を述べる安倍総理
祝辞を述べる安倍総理
表彰状を授与する安倍総理 表彰状を授与する安倍総理
表彰状を授与する安倍総理

 平成30年3月7日、天皇皇后両陛下御臨席の下、安倍総理は、都内で開催された自治体消防制度70周年記念式典に出席しました。

 総理は、祝辞を述べた後、内閣総理大臣表彰を行いました。

 総理は、祝辞で次のように述べました。

「本日ここに、天皇皇后両陛下の御臨席を仰ぎ、自治体消防制度70周年記念式典が挙行されるに当たり、内閣総理大臣として一言お祝いの言葉を申し上げます。
 消防組織法が施行されて、現在の自治体消防が確立し、本日で70周年を迎えます。この間、我が国の消防は着実な発展を遂げ、国民の安全・安心の確保に大きく貢献してきました。これは、危険をも顧みず、日夜、業務に邁進(まいしん)してこられた消防職員、消防団員を始めとする関係各位の御労苦のたまものであり、ここに深く敬意を表します。また、長年にわたる多大な貢献により、表彰をお受けになられる方々には、感謝を申し上げるとともに、心からお祝いを申し上げます。
 地震、火山、台風、豪雨などによる自然災害が発生しやすい我が国では、この10年の間にも、未曽有の災害となった東日本大震災を始め、数多くの災害により多くの尊い人命や財産が失われました。今後、首都直下地震や南海トラフ巨大地震など大規模地震の発生も懸念される中、政府としては、防災・減災対策を進め、我が国が世界一安全な国となるよう全力を尽くしてまいります。
 常に住民の身近にあって平素から安全・安心の確保に努め、一たび災害が発生すれば先陣を切って災害現場に駆けつけ、命懸けで消火や人命救助に当たる消防の姿には、国民の大きな信頼と期待が寄せられています。
 あらゆる災害から国民の生命、身体、財産を守り抜く、そういう消防であり続けるよう、関係各位には更に尽力されることをお願い申し上げ、私のお祝いの言葉といたします。」

関連動画

 
動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日