本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成30年4月11日日・ブータン首脳会談等

  • 写真:握手を交わす両首脳
  • 写真:トブゲー首相を迎える安倍総理1
  • 写真:トブゲー首相を迎える安倍総理2
  • 写真:儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう
  • 写真:日・ブータン首脳会談
  • 写真:共同記者発表
  • 写真:晩餐会で挨拶する安倍総理1
  • 写真:晩餐会で挨拶する安倍総理2
握手を交わす両首脳の写真を表示 トブゲー首相を迎える安倍総理1の写真を表示 トブゲー首相を迎える安倍総理2の写真を表示 儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょうの写真を表示 日・ブータン首脳会談の写真を表示 共同記者発表の写真を表示 晩餐会で挨拶する安倍総理1の写真を表示 晩餐会で挨拶する安倍総理2の写真を表示

 平成30年4月11日、安倍総理は、総理大臣官邸でブータン王国のツェリン・トブゲー首相と首脳会談等を行いました。

 儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょうに続き、両首脳は会談を行い、その後、共同記者発表を行いました。

 最後に、総理は総理大臣公邸で晩餐(ばんさん)会を開催し、挨拶の中で次のように述べました。

「日本の大切な友人であるトブゲー首相夫妻を、日本にお迎えすることができて大変うれしく思います。
 先ほどの首脳会談では、トブゲー首相と大変充実した意見交換ができました。この後は、和食でリラックスした時を過ごしていただきたいと思います。
 日本とブータンとの関係は世界で最も温かく親しみに満ちたものであります。両国民は友好の絆で結ばれています。私自身、トブゲー首相の趣味がアーチェリーというふうに伺いました。学生時代に実は私はアーチェリー部の一員でありました。今は日本アーチェリー連盟の会長でもございますが、大変親近感を抱いております。一度機会があれば、是非トブゲー首相とアーチェリーで競い合いたいものでありますが、しかし同時に私は日本のアーチェリー連盟の会長でございまして、私の実力が明らかになることは避けたいと思っております。
 日本とブータンのこうした友好関係は、両国の人々の行動と献身によって裏打ちされてきました。ブータンの農業開発に尽力し、その献身と誠実さで信頼を集めたダショー西岡氏がその一人です。共に歩んでこられた西岡里子令夫人に本日はお越しいただきました。
 東日本大震災の年、ワンチュク国王王妃両陛下に日本を訪問いただき、被災地の方々を始め多くの日本国民を励まし勇気づけていただきました。本日は、当時小学生であった後藤香純さんと阿部開斗さんにお越しいただきました。お2人とも、苦しい時を乗り越え立派に成長されました。被災地は力強く復興しており、明日、トブゲー首相御自身に見ていただきたいと思います。
 本日は、ブータンとのすばらしい友好関係を、政治、経済、学術・文化など、様々な分野で支えていただいている方々を御招待しています。
 皆様の御尽力のおかげをいただきまして、日本とブータンは極めて良好な関係となっております。この場をお借りいたしまして改めて感謝申し上げたいと思いますし、また今後とも御貢献をいただきますようによろしくお願いしたいと思います。
 それでは、トブゲー首相御夫妻、そして御列席の皆様のますますの御健勝、日本とブータンの両国関係が更に発展していくことを祈念いたしまして、杯を上げたいと思います。
 タシ・デレ。乾杯。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.