国と地方の協議の場

平成30年5月29日
挨拶する安倍総理1 挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理2 挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理2

 平成30年5月29日、安倍総理は、総理大臣官邸で平成30年度第1回国と地方の協議の場に出席しました。

 会議では、骨太の方針の策定等について協議が行われました。

 総理は、冒頭の挨拶で次のように述べました。

「本年度最初の国と地方の協議の場であります。地方に関わる重要な政策課題については、この場を活用して、皆様の声をよく伺いながら、進めていくことが大切であると考えています。本日は、この夏の骨太の方針について、地方の率直な御意見を頂き、それらも踏まえて取りまとめてまいりたいと考えています。
 今回の骨太の方針では、国・地方のプライマリーバランス黒字化の達成時期及びその裏付けとなる具体的かつ実効性のある計画をお示しすることにしています。
 安倍内閣の基本姿勢は、引き続き、地方の活力なくして、日本の活力なし、であります。地方への大きな人の流れをつくるため、若者が、地方にこそチャンスがあると感じられるような、従来の発想にとらわれない大胆な政策を取りまとめたい、と思っています。
 地方の声に徹底して耳を傾け、地方創生に向けた挑戦、自らの発想で工夫を凝らした地域づくりを、情報面、人材面、そして財政面から積極的に支援し、地方の取組を加速させていく考えです。
 本日の御意見をしっかりと受け止め、安倍内閣として、力強く政策を進めてまいりますので、よろしくお願いいたします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日