本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成30年6月1日農林水産業・地域の活力創造本部

  • 写真:発言する安倍総理1
  • 写真:発言する安倍総理2
発言する安倍総理1の写真を表示 発言する安倍総理2の写真を表示

 平成30年6月1日、安倍総理は、総理大臣官邸で第23回農林水産業・地域の活力創造本部を開催しました。

 会議では、農林水産業・地域の活力創造プランに基づく主な施策の進捗状況、新たな政策課題、農林水産業・地域の活力創造プランの改訂(案)について議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「安倍内閣においては、強い農林水産業と美しく活力ある農山漁村を実現する決意で、農林水産行政全般にわたって改革を進めてまいりました。これまで行ってきた改革は更に加速させ、新たな改革は速やかに軌道に乗せていく。これからも、この方針に変わりはありません。
 農地バンクや農林水産物、食品の輸出については、もう一段ギアを上げて実績を伸ばしていきます。森林バンクを速やかに稼働させ、林業改革も軌道に乗せます。
 そして、水産業については、本日決定した改革の具体策に即し、速やかに、必要な法整備と十分な予算措置を講じていきます。これにより、適切な資源管理と成長産業化を両立させ、漁業者の所得向上と、若者に魅力ある水産業を実現してまいります。
 さらに新たな課題として、農林水産業の生産性を飛躍的に高める先端技術の開発と、現場での活用を強力に進めてまいります。
 引き続き、課題に正面から取り組み、きっちり結果を出していきたいと考えています。若者が、夢や希望を持てる農林水産新時代を築いていくために、関係各位の一層の努力をお願いします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.