本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成30年6月4日規制改革推進会議

  • 写真:発言する安倍総理1
  • 写真:答申を受け取る安倍総理
  • 写真:発言する安倍総理2
発言する安倍総理1の写真を表示 答申を受け取る安倍総理の写真を表示 発言する安倍総理2の写真を表示

 平成30年6月4日、安倍総理は、総理大臣官邸で第34回規制改革推進会議に出席しました。

 会議では、規制改革推進に関する第3次答申が取りまとめられました。

 総理は、大田弘子議長から答申を受け取った後、次のように述べました。

「本日は、昨年末に引き続き、答申を取りまとめていただきました。大田議長、金丸議長代理を始め、委員の皆様には、精力的に御審議いただきましたことに、厚く御礼を申し上げます。
 第4次産業革命とも呼ばれる、急速な技術革新に迅速に対応し、いわゆるガバナンスギャップを解消しなければなりません。大胆な規制改革の断行は、時代の要請であります。
 今回の答申においては、最先端技術を積極的に活用し、農林水産業の生産性を一気に押し上げていく。そのための森林・林業改革や水産業改革について、相当踏み込んだ提言を頂きました。
 さらには、オンライン医療の本格展開に向けた、服薬指導に関する規制改革など、Society 5.0の実現に向け、幅広い分野で、大胆な提言を頂くことができました。
 また、放送をめぐる規制改革については、今回、インターネット同時配信の推進を始め、通信と放送の枠を超えたビジネスモデルの構築、ローカル局の経営基盤の在り方の改革など、限られた時間の中で、多くの具体的な提言を頂きました。
 引き続き、これまでの会議における貴重な意見も踏まえ、イノベーションの視点、グローバルの視点、そして何よりも、ユーザーの目線に立ち、総務省を中心に、未来を見据えた放送の在るべき姿について、総合的な検討を進めてもらいたいと思います。
 本日の答申を受け、直ちに規制改革実施計画を策定し、改革事項を一刻も早く実施してまいります。委員の皆様には、引き続き、大胆な規制改革に御協力を頂きますよう、よろしくお願い致します。
 規制改革こそ、アベノミクスのメインエンジンであり、安倍内閣一丸となって、今後も全力で取り組んでまいります。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.