本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成30年6月14日総合科学技術・イノベーション会議

  • 写真:発言する安倍総理1
  • 写真:発言する安倍総理2
発言する安倍総理1の写真を表示 発言する安倍総理2の写真を表示

 平成30年6月14日、安倍総理は、総理大臣官邸で第39回総合科学技術・イノベーション会議を開催しました。

 会議では、統合イノベーション戦略の策定について議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「本日、統合イノベーション戦略を取りまとめました。
 大学の運営費交付金の在り方を、大胆に改革します。
 スピード感を持って経営改革に取り組む大学、民間資金の獲得に積極的な大学に対して、交付金を重点的に傾斜配分する、新しい仕組みを導入します。
 改革へのインセンティブを生み出すことで、イノベーションを生み出す拠点である大学の改革を、力強く後押しします。
 研究予算を、将来を担う若手研究者へ大きく振り向けます。
 年俸制拡大により、業績評価に基づく給与水準の決定を徹底し、在職期間の長さが処遇に影響しない仕組みに改めます。
 科研費についても、若手向けの配分を充実することで、若手研究者の活躍機会を大幅に増やしていく考えです。
 第4次産業革命とも呼ぶべき、世界が激変を遂げる時代にあって、我が国が世界で最もイノベーションに適した国となるよう、新しいイノベーション・エコシステムをつくり上げなければなりません。
 こうした観点から、今回の戦略には、野心的なターゲットを掲げ民間の叡智(えいち)を結集する、いわばムーン・ショット型の研究開発支援に向けた取組も盛り込みました。
 未来をしっかりと見据えながら、この戦略を、内閣の成長戦略のど真ん中に位置付け、関係大臣は、これまでの発想にとらわれない大胆な政策を、一丸となって迅速かつ確実に実行に移してください。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.