本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成30年10月15日働き方改革フォローアップ会合

  • 写真:発言する安倍総理1
  • 写真:発言する安倍総理2
発言する安倍総理1の写真を表示 発言する安倍総理2の写真を表示

 平成30年10月15日、安倍総理は、総理大臣官邸で第1回働き方改革フォローアップ会合を開催しました。

 会議では、働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律及び働き方改革実行計画の進捗状況について議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「働き方改革は、安倍内閣が目指す一億総活躍社会の実現に向けた最大のチャレンジであります。働き方改革国会と位置づけた先の通常国会において、働き方改革関連法が成立し、長時間労働の是正や同一労働同一賃金の実現など、労働基準法の制定以来70年ぶりの大改革が実現いたしました。
 新制度の円滑な施行に向け、政府一丸となって取り組んでいかなければなりません。本日は、有識者の皆様から、貴重な御意見を頂きました。例えば、中小企業への相談支援を一層充実すべき、との意見については、全都道府県に設置されている働き方改革推進支援センターの相談機能の強化に取り組みます。あわせて、御指摘があった、治療と仕事の両立支援や、障害者雇用の促進等についても、働き方改革実行計画に沿ってしっかりとPDCAサイクルを回しながら取組を進めてまいります。
 生涯現役時代を見据えて、全世代型社会保障制度の構築に向けた取組を進めていく必要があります。このため、言わば、働き方改革の第2弾として、65歳以上への継続雇用年齢の引き上げに向けた環境整備や、中途採用の大幅な拡大に取り組むなど、生涯現役時代の雇用改革を進めてまいります。
 関係大臣におかれては、有識者議員の意見を踏まえて、関連施策の実行に向け、スピード感を持って取り組んでいただきたいと思います。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.