本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成30年10月15日国と地方の協議の場

  • 写真:挨拶する安倍総理1
  • 写真:挨拶する安倍総理2
  • 写真:挨拶する安倍総理3
挨拶する安倍総理1の写真を表示 挨拶する安倍総理2の写真を表示 挨拶する安倍総理3の写真を表示

 平成30年10月15日、安倍総理は、総理大臣官邸で平成30年度第2回国と地方の協議の場に出席しました。

 会議では、地方創生及び地方分権改革の推進について協議が行われました。

 総理は、冒頭の挨拶で次のように述べました。

「本日は、御多用中のところ、お集まりいただきまして誠にありがとうございます。内閣が新たな体制になって間もないこの時期に、国と地方の協議の場を持つことができました。
 地方の活力なくして、日本の活力なし。
 地方創生、地方分権改革の推進は、政権発足時からの最重要課題です。本日は、我が国が少子高齢化の問題に直面する中、持続可能な社会保障、まちづくりを中心に、御議論いただきます。
 地方こそが、これからの成長の主役です。安全でおいしい日本の農林水産物を、より多くの海外の皆さんに楽しんでいただく。また、地方のその場でしかできない体験を、更に多くの来日外国人に味わってもらう。自らの発想による、地方創生に向けた挑戦、工夫を凝らした地域づくりを、国としても、情報面、人材面、そして財政面から、積極的に後押ししてまいります。
 少子高齢化が急速に進む中、全ての世代が安心する社会保障制度の改革を、3年かけて実行してまいります。
 また、全国で自然災害が相次ぐ中、安心して暮らせるまちづくりに全国で取り組みます。急激な気象変化に対応したインフラ整備、防災・減災・国土強靱化のための緊急対策を、3年で集中的に実施してまいります。
 皆様からは忌憚(きたん)のない御意見を頂きたいと思います。政府として、地方の声に徹底して耳を傾け、活力ある地方の創生に、力強く政策を推進してまいりたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.