外国人材の受入れ・共生に関する関係閣僚会議

平成31年3月29日
発言する安倍総理1 発言する安倍総理1
発言する安倍総理1
発言する安倍総理2 発言する安倍総理2
発言する安倍総理2

 平成31年3月29日、安倍総理は、総理大臣官邸で第4回外国人材の受入れ・共生に関する関係閣僚会議に出席しました。

 会議では、特定技能制度の施行準備状況及び総合的対応策の進捗状況について議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「いよいよ、4月1日から新たな外国人材の受入れ制度がスタートいたします。新たな制度は、現下の深刻な人手不足の状況に対応するため、即戦力となる外国人材を受け入れるものであります。先の臨時国会での法案成立後、これまで全ての都道府県で説明会を実施するなど万全の準備を進めてまいりましたが、新たな制度が円滑に実施されるよう、引き続き、関係省庁が連携して対応を行ってください。
 一方、外国人に関しては、技能実習生の失踪や大学留学生の行方不明が問題となっております。国民の皆さんの不安を解消するためにも、技能実習制度の適正な運用を確実に行うことはもとより、新設する出入国在留管理庁を中心に、在留管理を徹底するなどして不適切事案を防止するとともに、不法就労や不法滞在に対しては厳正に対処していかなければなりません。外国人の皆さんが日本で、そして地方で働いてみたい、住んでみたいと思えるような、国民と外国人の双方が尊重し合える共生社会を実現するため、各位におかれては引き続き万全の対応をお願いいたします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日