政府与党連絡会議

平成31年4月8日
挨拶する安倍総理1 挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理2 挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理2

 平成31年4月8日、安倍総理は、総理大臣官邸で政府与党連絡会議に出席しました。

 総理は、冒頭の挨拶で次のように述べました。

「昨日、統一地方選の最初の投開票が行われました。この間、全国を駆け回り、応援をいただいた皆様方に改めて厚く御礼を申し上げます。結果については真摯に受け止め、後半戦必勝を期して全力で臨んでまいりたいと思います。
 4月1日に248番目となる新たな元号を令和と決定いたしました。歴史上初めて国書を典拠とし、万葉集にある、梅の花の歌32首の序文から引用したものであります。厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が、明日への希望と共に、それぞれの花を大きく咲かせることができるように、そうした日本でありたいと願いを込めたところでございます。5月1日に皇太子殿下が御即位され、その日以降この新たな元号が用いられることになりますが、令和が広く国民に受け入れられ、日本人の生活の中に深く根ざしていくことを心から願っております。平成の時代に思いを馳せつつ歴史的な皇位の継承が国民こぞって寿(ことほ)ぐ中でつつがなく行われるよう準備に万全を期してまいります。
 国会ではお陰様で、先月末に新年度予算が成立いたしました。皆様の御尽力に御礼を申し上げます。予算の早期成立こそが最大の景気対策だと申し上げてまいりました。世界経済が不透明感を増す中にあって速やかに予算を執行するとともに、消費税率の引上げに対応するための2兆円規模の対策によって、経済運営に万全を期してまいりたいと考えております。
 また、今回の予算は幼児教育・保育の無償化を実現するとともに、高齢者の皆さんの年金額の増額や介護保険料の更なる減額、軽減等を進めることによって、我が国の社会保障制度を全世代型へと変えていく、そのための大きな一歩を踏み出す予算となると考えています。後半国会におきましては、幼児教育・保育の無償化のための法案、あるいは児童虐待防止のための法案といった重要法案の成立を目指し、内閣の全員が緊張感を持って職務に臨み丁寧な説明に努めてまいりたいと思います。与党の皆様、引き続きの御協力をお願いします。
 諸般の事情が許せば、今月22日から29日にかけてフランス、イタリア、スロバキア、ブリュッセル、米国及びカナダを訪問する予定です。今回の訪問ではG7(先進7か国首脳会議)各国首脳との2国間会談、スロバキアでのV4プラス日本首脳会合、ブリュッセルでの日EU定期首脳協議等を行い、G20(金融世界経済に関する首脳会合)大阪サミットの成功に向けた緊密な協力を確認するとともに、各国との協力関係を一層強化してまいります。
 今年度も政府与党一丸となってしっかりと政策を前に進めていくことで、新しい時代、令和の時代を切り拓(ひら)いていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日