国と地方の協議の場

令和元年6月6日
挨拶する安倍総理1 挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理2 挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理2

 令和元年6月6日、安倍総理は、総理大臣官邸で令和元年度第1回国と地方の協議の場に出席しました。

 会議では、骨太方針の策定等について協議が行われました。

 総理は、冒頭の挨拶で次のように述べました。

「地方6団体の代表の皆様には、御出席をいただきまして誠にありがとうございます。本日の国と地方の協議の場は、本年度最初であります。そして、新しい令和の時代の幕開けとなる会議であります。
 令和の典拠となった梅の花の歌が詠まれたのは福岡県の大宰府です。今では、連日のように多くの観光客が訪れるようでありまして、地方創生の大きな力ともなっていると聞いております。
 令和の時代は、正しく地方の時代としていかなければなりません。元気な地方なくして、日本の再生なし。この決意の下、引き続きこの協議の場を活用して、皆様の声をよく伺いながら、地方に関わる政策課題に取り組んでまいります。
 本日は、この夏の骨太方針を中心に御議論いただきます。具体的には、地方創生の実現に向けた、地方への新たな人の流れの創出、観光・農林水産業の活性化、海外活力の取り込み、また、Society 5.0時代の到来や人口減少の本格化を見据えた、デジタル・ガバメントの推進などについて御意見を頂きたいと考えております。
 本日の議論をしっかりと受け止め、安倍内閣として、力強く地方創生のための政策を前に進めてまいりますので、どうそ皆様よろしくお願い申し上げます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日