都道府県議会議長との懇談会

令和元年6月24日
挨拶する安倍総理1 挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理2 挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理2

 令和元年6月24日、安倍総理は、総理大臣官邸で都道府県議会議長との懇談会を開催しました。

 総理は、挨拶で次のように述べました。

「都道府県議長の皆様には、大変お忙しいところ、全国からお越しいただきありがとうございます。地域の先頭に立ち、地方自治の推進に御尽力されている皆様方から、直接御意見を伺う機会を持つことができ、大変うれしく思います。
 先週、山形県沖を震源とする地震がありました。負傷された方々を始め被災された全ての方々にお見舞いを申し上げます。山形県、新潟県を始めとする被災自治体と緊密に連携し、災害応急対策に万全を期してまいります。
 先週金曜日、地方創生について、本年の骨太方針及びまち・ひと・しごと創生基本方針を決定しました。
 1,000億円の地方創生推進交付金を始め、これまでの取組により、地方の創意工夫を全力で後押ししてきた結果、農林水産物の輸出は6年連続で過去最高を更新し、また、外国人観光客は3千万人の大台を突破して、インバウンド観光という、新たな一大産業が生まれました。地方税収もほとんどの県で、この7年間で4割から5割増加し、中には6割から7割も増加した県があるなど、地方創生は大きく動き始めています。
 引き続き、魅力あふれる地方大学づくりや、地方へ移住し、起業・就業スタートする際に最大300万円を支給する新しい制度を進めるとともに、来年度からの第2期では、週末の地方での兼業・副業など、関係人口の創出・拡大によって、将来的な地方移住につなげることなどの政策を通じて、地方への人・資金の流れを更により太いものにしてまいります。
 新しい令和の時代を迎え、G20(金融世界経済に関する首脳会合)関係閣僚会議が、皆様の御協力を頂いて全国各地で開催されています。そして、いよいよ今週末には、G20大阪サミットが開催されます。大阪サミットや関係閣僚会議を十分に活用して、引き続き、各開催地の魅力を世界に発信していきたいと思います。
 秋には、ラグビーのワールドカップが各地で開催されます。年が明ければ、福島県から聖火リレーがスタートし、いよいよオリンピック・パラリンピックが開催されます。日本中が盛り上がっていくこの機に、地方創生を新たな次元に押し上げていきたいと思います。
 地方の声に徹底して耳を傾ける。これが安倍内閣の基本姿勢であります。
 本日の懇談会においても、忌憚(きたん)のない御意見を頂ければ幸いでございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

総理の一日