経済財政諮問会議

令和2年1月17日
発言する安倍総理1 発言する安倍総理1
発言する安倍総理1
発言する安倍総理2 発言する安倍総理2
発言する安倍総理2
発言する安倍総理3 発言する安倍総理3
発言する安倍総理3

 令和2年1月17日、安倍総理は、総理大臣官邸で令和2年第1回経済財政諮問会議を開催しました。

 会議では、経済財政諮問会議の今年の検討課題及び中長期の経済財政に関する試算について議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「今年は、いよいよ半世紀ぶりにオリンピック・パラリンピックが我が国で開催される歴史的な一年であります。
 令和の時代を迎えた私たちは、少子高齢化、激動する国際情勢など、大変困難な課題に直面しています。これらの困難な課題を乗り越えるためには、経済最優先で取り組みながら、それを国民の皆様の安心につなげ、成長と安心を車の両輪として実現することが、大きな鍵となります。
 このため、外にあっては、我が国がグローバルな結節点となって海外需要を取り込むとともに、内にあっては、デジタル時代に求められる新たな産業構造を念頭に置いた人材投資・人材育成を進め、質の高い経済成長を実現していく必要があります。同時に、喫緊の課題である少子化対策始め、安心して生活できる地域社会の創造に向けた取組にも全力を挙げていかなければなりません。
 今年も皆様からお知恵を頂きながら、安倍内閣を挙げて、これらの課題の解決に取り組み、安心と成長の未来を拓(ひら)く一年にしたいと思います。
 各議員におかれては、この夏の骨太方針の策定に向けて、精力的に御議論いただきますようによろしくお願いいたします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日