新型コロナウイルス感染症に関するASEAN+3特別首脳テレビ会議についての会見

令和2年4月14日
会見する安倍総理 会見する安倍総理
会見する安倍総理

 令和2年4月14日、安倍総理は、総理大臣官邸で会見を行いました。

 総理は、新型コロナウイルス感染症に関するASEAN(東南アジア諸国連合)+3(日中韓)特別首脳テレビ会議について次のように述べました。

「先ほど、テレビ会議スタイルでASEANと日中韓の首脳会議を行いました。
 日本では緊急事態宣言を出し、感染拡大防止に取り組んでいますが、この事態を収束する上においては、日本だけの努力で達成することはできません。日本をめぐるASEANの国々、アジアにおいても、新型コロナウイルス感染症は、猛威を振るっている中において、この地域の協力の拡大は極めて重要であります。その前提として、私から、自由、透明、迅速な形で、各国が持っている情報や知見を共有するべきである旨、申し上げました。
 そして、ASEAN感染症対策センターの設立など、強固な連携の上に、国境を越えて感染が拡大していくウイルスと対峙(じ)すべきであると申し上げ、各国の賛同を得ました。
 また、この、今この瞬間も医療従事者の皆さんは、過酷な現場で命を守るために全力を尽くしていただいておりますが、医療現場を感染から守るための防護服などの物資は、ASEAN地域からの輸入に依存しております。危機にある、今この時こそ、連帯して物資の流通を維持すべきである旨、強調いたしました。そして、いかなる措置もWTO(世界貿易機関)ルールと整合的でなければならないという点において、各国の賛同を頂いたところであります。
 また何人かの首脳から、アビガンについて言及がございました。私からは、アビガンの臨床研究を拡大していくことについて説明したところでございます。ウイルスとの闘いの切り札ともなる、早期の治療薬の開発の重要性について一致したところであります。
 今後も感染症の拡大を防止して、そして収束につなげていく上においても、ASEANとの、また東アジア地域との連携も重要であります。日本としても地域の協力、連携においてリーダーシップを発揮していきたいと考えています。」

関連動画

 
動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

総理の一日