安全功労者内閣総理大臣表彰 表彰式

令和2年7月30日
表彰状を授与する安倍総理1 表彰状を授与する安倍総理1
表彰状を授与する安倍総理1
表彰状を授与する安倍総理2 表彰状を授与する安倍総理2
表彰状を授与する安倍総理2
表彰状を授与する安倍総理3 表彰状を授与する安倍総理3
表彰状を授与する安倍総理3
挨拶する安倍総理1 挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理2 挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理2

 令和2年7月30日、安倍総理は、総理大臣公邸で令和2年安全功労者内閣総理大臣表彰の表彰式を行いました。

 総理は、表彰状を授与した後、挨拶で次のように述べました。

「本日は安全功労者の受賞、誠におめでとうございます。
 7月1日は、『国民安全の日』です。事故や災害を防止するためには、国民一人一人が、生活のあらゆる面で安全に配慮し、心掛けていくことが大切です。
 皆様は、高齢者や児童の交通事故の防止、学校での安全教育、労働災害の防止及び産業安全の向上、地域の火災予防などを長年にわたり、率先して努めてこられました。皆様のこれまでの御尽力とともに、活動を支えていただきました御家族や多くの関係の皆様方に、厚く御礼申し上げます。
 昨年、交通事故により亡くなられた方は約3,200人と、昭和23年以降の統計で最少であった一昨年を更に下回りました。その一方で、高齢化が進む中、交通事故による死者に占める高齢者の割合は、いまだ高い水準で推移しています。
 また、次世代を担う子供が犠牲となる交通事故も後を絶たないなど、依然として様々な態様の痛ましい事故によって、多くのかけがえのない命が失われている現実があります。
 こうした事故・事件を少しでも減らしていくためには、私達一人一人が、日頃からの地道な努力を重ね、たゆまぬ安全への配慮を常に心掛けていかなければなりません。
 政府としましても、各界各層と連携しながら、様々な安全施策を着実かつ一層強力に推進し、喫緊の課題に政府一丸となって取り組んでまいりたいと考えています。
 皆様方におかれましては、引き続き、安全のための啓発を始めとするそれぞれの分野の活動に取り組んでいただき、なお一層の御活躍をいただきますよう、心からお願いいたしまして、私のお祝いの言葉とさせていただきます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日