安倍晋三内閣総理大臣によるドナルド・トランプ米国大統領宛てメッセージ

平成29年11月27日

 11月22日に沖ノ鳥島の沖合で起きた、米海軍C-2輸送機の墜落事故において、搭乗していた米軍人3名が亡くなられたという悲報に接しました。

 ここに、日本国政府及び日本国民を代表して、亡くなられた方々及び御家族に対し、心からの哀悼の意を表するとともに、負傷された方々にお見舞い申し上げます。

 北朝鮮情勢が緊迫化し、即応態勢の維持が一層必要となる中、強固な日米同盟の下、我が国及び地域の平和と安定のために日々多大な貢献を果たされている米軍関係者の皆様に、改めて敬意を表します。そうした中で、今回、米海軍と海上自衛隊との共同演習に参加していた空母ロナルド・レーガンに向かっていた米国の優秀な海軍関係者が亡くなられたことは、痛恨の極みであり、日本国民も私自身も米国民の深い悲しみと共にあります。亡くなられた方々へのこれまでの日米同盟への献身に心から感謝申し上げます。

 ドナルドとメラニア夫人のアジア歴訪は大成功でした。訪日の際確認したとおり、日米同盟は、日本及びアジア太平洋地域の平和と安定の礎であり、それがこうした尊い犠牲の上に築き上げられていることを改めて認識します。これからもドナルドと引き続き緊密に協力し、日米同盟の絆を一層強固にするとともに、地域の平和と安定の確保のために共に協力していく決意です。

平成29年11月26日