プーチン・ロシア大統領との電話会談についての会見

令和2年9月29日
会見する菅総理 会見する菅総理
会見する菅総理

 令和2年9月29日、菅総理は総理大臣官邸で会見を行いました。

 総理は、ロシア連邦のウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン大統領との電話会談について、次のように述べました。

「先ほど、プーチン大統領と電話会談を行いまして、大統領からは、私の総理就任への祝意を頂きました。私からは、平和条約締結を含む日露関係全体を発展させていきたい、北方領土問題を次の世代に先送りさせず終止符を打ちたい、こうした旨申し上げました。プーチン大統領としっかり取り組んでいきたい。またプーチン大統領からは、二国間のあらゆる問題について対話を継続していく、そうした発言がありました。プーチン大統領と今後、率直に意見交換ができる、そうした手応えを感じました。また我が国としては、領土問題を解決して平和条約を締結する。この基本方針の下に粘り強く交渉していきたいと思います。そして大統領、また私からも、それぞれ近いうちにお互いに対面の中でこうした日露関係について率直に話し合いたい、こうしたことで合意しました。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

総理の一日