議会開設百三十年記念式典

令和2年11月29日
祝辞を述べる菅総理1 祝辞を述べる菅総理1
祝辞を述べる菅総理1
祝辞を述べる菅総理2 祝辞を述べる菅総理2
祝辞を述べる菅総理2
祝辞を述べる菅総理3 祝辞を述べる菅総理3
祝辞を述べる菅総理3
祝辞を述べる菅総理4 祝辞を述べる菅総理4
祝辞を述べる菅総理4
祝辞を述べる菅総理5 祝辞を述べる菅総理5
祝辞を述べる菅総理5
祝辞を述べる菅総理6 祝辞を述べる菅総理6
祝辞を述べる菅総理6

 令和2年11月29日、天皇皇后両陛下御臨席の下、菅総理は、国会議事堂で行われた議会開設百三十年記念式典に参列しました。

 式典では、衆議院議長及び参議院議長の式辞の後、天皇陛下がおことばを述べられ、続いて、菅総理、最高裁判所長官が祝辞を述べました。

 総理は、祝辞で次のように述べました。

「天皇皇后両陛下の御臨席を仰ぎ、本日ここに議会開設百三十年記念式典が挙行されますことは、誠に意義深く、心よりお喜び申し上げます。
 明治23年、自由民権運動の高まりを背景に帝国議会が開設されて以来、我が国の議会制度は、多くの先人達により、憲政の確立と民意の反映のための尊い努力が積み重ねられ、発展を遂げてきました。戦後、日本国憲法の下、国民を直接代表する国会は、国権の最高機関、国の唯一の立法機関として、我が国の繁栄と国民生活の向上に大きく貢献され、平和で豊かな日本を築き上げる上で、中心的な役割を果たしてこられました。本日の盛儀に当たり、議会政治の発展のために御尽力されました先輩各位に対して、深甚なる敬意と感謝の意を表します。
 人口減少や少子高齢化に加え、新型コロナウイルスの感染拡大等、様々な試練に直面している我々は、これらを乗り越え、新しい時代の日本をつくり上げていかなければなりません。また、各国との信頼、協力関係を更に発展させ、世界の平和と繁栄のために貢献していくことが求められております。
 国内外の情勢が目まぐるしく変化している今、国会が果たすべき役割はますます大きくなっています。議会開設130年の節目に当たり、国会が、全国民を代表する機関として、国民の負託に応えていかれることを切に念願して、祝辞といたします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

総理の一日