新型コロナウイルス感染症対策本部(第69回)

令和3年6月17日
発言する菅総理1 発言する菅総理1
発言する菅総理1
発言する菅総理2 発言する菅総理2
発言する菅総理2
発言する菅総理3 発言する菅総理3
発言する菅総理3
発言する菅総理4 発言する菅総理4
発言する菅総理4

 令和3年6月17日、菅総理は、総理大臣官邸で第69回新型コロナウイルス感染症対策本部を開催しました。

 会議では、新型コロナウイルス感染症への対応について議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「全国の感染者数は5月中旬以降、減少が続いています。全国の重症者数も減少が続き、病床の状況も確実に改善されております。一方、地域によっては、感染者数に下げ止まりが見られ、リバウンドの可能性も指摘されております。
 こうした状況を踏まえ、緊急事態宣言については、北海道、東京都、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、福岡県について、6月20日をもって解除すること、沖縄県について、7月11日まで延長すること、まん延防止等重点措置については、北海道、東京都、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県を、新たに対象とし、期間は7月11日までとすること、埼玉県、千葉県、神奈川県については、7月11日まで延長すること、岐阜県、三重県については、6月20日をもって終了することをそれぞれ決定いたしました。
 緊急事態宣言を延長した地域では、これまでの対策を継続します。
 まん延防止等重点措置の対象地域においても、引き続き、飲食を中心とした対策を講じることとし、飲食店の20時までの時間短縮をお願いします。また、感染防止策の徹底などの要件を満たす店舗では、19時まで酒類を提供できることとします。ただし、都道府県の判断により、感染状況に応じ、酒類の停止を要請することも可能とします。
 その中で、感染が再拡大し医療のひっ迫の兆しが見られた場合には、対策の強化を含め機動的に対処いたします。
 こうした感染防止対策を徹底するとともに、ワクチン接種を進めてまいります。今月末には4,000万回を超える見込みであり、全ての市町村で、7月末には、希望する高齢者への2回の接種が完了する見込みとの報告を受けております。
 各大臣におかれては、感染防止対策、ワクチン接種について、関係省庁と協力して、全力を挙げて取り組んでいただきますようお願いします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日