知的財産戦略本部

令和3年7月13日
発言する菅総理1 発言する菅総理1
発言する菅総理1
発言する菅総理2 発言する菅総理2
発言する菅総理2
発言する菅総理3 発言する菅総理3
発言する菅総理3
発言する菅総理4 発言する菅総理4
発言する菅総理4

 令和3年7月13日、菅総理は、総理大臣官邸で知的財産戦略本部を開催しました。

 会議では、知的財産推進計画2021について議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「本日、知的財産推進計画2021を決定いたしました。企業の知財戦略を強化することは、日本の未来への投資であり、企業の経済活動を活発にするだけでなく、文化的に豊かな社会を作るための重要な課題であります。
 第1に、デジタル時代に対応した著作権制度の改革に取り組みます。コンテンツのデジタル配信に関する著作権処理を円滑にする仕組みを新たにつくり、様々なコンテンツを迅速に国民に届けられるようにします。このための著作権の制度改革について、2021年中に結論を得て、必要な作業を進めます。
 第2に、企業の知財投資や活用を促進する仕組みを準備します。知財投資に努力している企業が、投資家から多くの資金を集められるよう、企業の知財戦略の開示を促すガイドラインを作成します。
 第3に、戦略的に重要な分野における標準化活動を促進します。スマートシティ、ビヨンド5G、グリーンなどの戦略的な成長市場を大きくするため、官民による標準化活動に対する支援を強化します。
 デジタル時代の熾烈(しれつ)な競争の中で、日本が知財戦略の国際的主導権を確保することは、国の経済安全保障上の観点からも重要です。また、知的財産は、地方にも新しいビジネスチャンスをもたらします。関係閣僚は、本日決定された推進計画を速やかに実行に移していただくようお願いいたします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日