十倉日本経済団体連合会会長との会談

令和3年8月18日
十倉日本経済団体連合会会長との会談1 十倉日本経済団体連合会会長との会談1
十倉日本経済団体連合会会長との会談1
十倉日本経済団体連合会会長との会談2 十倉日本経済団体連合会会長との会談2
十倉日本経済団体連合会会長との会談2
十倉日本経済団体連合会会長との会談3 十倉日本経済団体連合会会長との会談3
十倉日本経済団体連合会会長との会談3

 令和3年8月18日、菅総理は、都内で日本経済団体連合会の十倉雅和(まさかず)会長と会談を行いました。

 総理は、会談の冒頭の挨拶で次のように述べました。

「本日は、御多忙中にもかかわらず、また、突然の依頼にもかかわらず、こうして皆さんにお集まりいただきましたことに感謝申し上げます。常日頃から十倉会長を始め経団連の皆さんには、コロナ禍の中で、様々な御協力を頂いていますことに感謝申し上げます。
 感染力が極めて強いデルタ株によって、陽性者が毎日のように数多く出ております。昨日、政府としては、東京始め首都圏の緊急事態宣言を延長し、あるいはまた、新規に全国的に指定する、そういう決断をさせていただきました。そういう中で、経済界の皆様には、更なる御負担をお掛けすることになりますけれど、是非、御協力をお願いしたいと思います。
 国民の皆さんの命と暮らしを守る、これが政府の役割です。まず、医療体制の構築をすると同時に、感染を防止し、ワクチン接種。この3本の柱で、デルタ株収束に持っていきたいと思っております。
 特に、今日お願いに参りましたのは、これを乗り越えるために、やはり人流、それと、クラスターがそれぞれの職場で、このところ発生いたしております。こうしたことを何としても食い止めなければならない。それと同時に、対策に効果的なのは、やはりテレワークでありまして、昨年の春に約7割削減のテレワークを行っていただきました。皆さんにとって、それぞれ、様々な業種があって難しい点もあろうかと思いますけれど、是非、このお盆明けから、テレワークに御協力いただきたいと思っています。
 また、政府としても、事業者に対しての協力金だとか、あるいは雇用の確保、そこはしっかり支援させていただきます。さらに、ワクチン接種も進めて、経済社会の回復の道筋をしっかりと見出していきたいと思っています。
 今日は、経団連の皆さんと忌憚(きたん)のない意見交換をして、また、皆さんの思いをお聞かせいただければと思っています。どうぞよろしくお願い申し上げます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

総理の一日